• ホーム
  • ニュース
  • 反ワクチンの会長からパワハラを受けている│パワハラ被害対策

反ワクチンの会長からパワハラを受けている│パワハラ被害対策

パワハラ対策
 
【反ワクチンの会長によるパワハラ
新型コロナワクチンについて、会社から接種を禁止されているという相談が多く寄せられています。ひどいケースではワクチン接種を受けた人を社内で冷遇するといったパワハラが公然と行われている企業もあるようです。嫌がらせを放置すればするほどパワハラはエスカレートし、最終的に退職を余儀なくされることもあります。パワハラ被害を受けた際は、すみやかに専門家にご相談いただくことをおすすめします。当対策室では無料相談を24時間承っておりますので、フリーダイヤルからお気軽にお問い合わせください。

パワハラ被害を解決した女性の体験談

パワハラの調査を依頼した経緯

反ワクチンの会長によるパワハラ
 

会社でコロナワクチンの接種が禁じられています

【パワハラ被害が解決した30代女性の体験談】
 
数ヶ月前、始業前に視聴させられた経営方針発表会で会長がギョッとするようなことを口走りました。
 
「全社員の新型コロナワクチン接種を固く禁じます」
 
その根拠として「ワクチンを接種したら5年後に死ぬ」「(ワクチンを接種すると)5Gに接続されコロナウイルスを引き寄せる」といった理由を挙げますが、どれもエビデンスに乏しいように思えます。
 
接種した社員については無期限の自宅待機処分とするそうで、社用PCにログインすることもできず、無給扱いになるとのことです。それでも働きたい場合には地方の営業所の草むしりに従事しなければならないなど、閑職への異動が仄めかされています。
 
うちの次男は小児糖尿病の持病があり、人一倍コロナ感染には神経を尖らせています。すでにワクチン接種券は届いているので、一刻も早く申請したいところですが、仕事を失う可能性などを思うと二の足を踏んでしまいます。
 
会社に内緒でこっそり打ってしまおうかと考えていた矢先、別の部署の先輩が突然地方に飛ばされました。私はさほど親しかったわけではないので直接事情を聞くことはできませんが、社内では無断でワクチンを打ったのがバレたからだとまことしやかに囁かれています。
 
本来、ワクチンを打つか打たないかは個人の裁量で判断すべきであり、会社がとやかく言うべき問題ではないと考えます。先日の朝礼でも改めてワクチン接種について釘を刺され、これはもはやパワハラと呼ぶべき案件ではないかと感じています。
 
とはいえ、同僚との間でもワクチンはアンタッチャブルな話題になってしまっていて、徒党を組んで戦える状況でもなさそうです。そこで専門家の力をお借りしたいと思い、多くのパワハラ問題を解決してきたというこちらの対策室さんに相談させてもらうことにしました。

 

類似の相談例をご紹介│パワハラ・ワクハラの相談事例

  • コロナワクチンの職域接種を強制された
  • 職域接種を拒否すると同僚から陰口を叩かれるようになった
  • ワクチンを接種しなかったことで大事な仕事を任されなくなった
  • ワクチンの副反応が出ているにも関わらず休ませてもらえない
  • 「ワクチン接種しないとクビにするぞ」と脅された
  • 「ワクチン接種するとクビにするぞ」と脅された

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

パワハラの調査を依頼した結果

私のパワハラ被害が証明されました

会社内でのパワハラなので本当に解決できるのか不安でしたが、事前の面談では調査方法について分かりやすくご説明いただけました。そして実際に調査を依頼すると、対策室さんは様々な角度から証拠を集めてくださり、反ワクチンの社長からパワハラを受けていることが証明されました。

 

現在は民事訴訟に向けて準備を進めています

それらの証拠を調査報告書としてまとめてくださったので、私は民事訴訟を起こすことを決めました。現在はその準備に追われていますが、対策室さんが丁寧にアドバイスをくださるので本当に助かっています。今度とも引き続きよろしくお願いいたします。

 
パワハラの電話相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

パワハラの正しい解決策

パワハラ問題は一刻も早く専門家にご相談を

新型コロナワクチンについて、会社から接種を禁止されているという相談が多く寄せられています。ひどいケースではワクチン接種を受けた人を社内で冷遇するといったパワハラが公然と行われている企業もあるようです。
 
嫌がらせを放置すればするほどパワハラはエスカレートし、最終的に退職を余儀なくされることもあります。パワハラ被害を受けた際は、すみやかに専門家にご相談いただくことをおすすめします。

 
ストーカー・嫌がらせ被害対策室では「証拠の収集」「加害者の特定」を通じて、パワハラ問題が「解決」するまで全力でサポートいたします。

 

証拠の収集

パワハラを解決するためには、現在受けている被害の証拠を集めることが必要です。しかし、被害者自身が証拠を集めることは危険を伴うため、専門家に調査を依頼することが解決への近道となります。当対策室ではパワハラを解決するために必要な証拠の収集を行っています。

 

加害者の特定

パワハラの解決には犯人の特定も欠かせません。たとえ犯人に心当たりがあっても、その人物が実行している証拠がない限り、追及したり処罰したりすることはできません。当対策室では加害者の特定にも対応しています。

 
パワハラの調査報告書
 

調査の終了後は文章および画像でまとめられた冊子を作成し、調査報告書として依頼者様にお渡しします。これらの報告書は客観的な証拠として認定されており、警察に被害届を出す際に有効な証拠となります。
 
そのほか依頼者様のご要望に沿った対応が可能ですので、まずはお気軽に無料相談でお話をお聞かせください。

 
パワハラ解決


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

パワハラの解決の3本柱

パワハラ対策
<解決のための3本柱>

  • 証拠収集と加害者の特定
  •  

  • 警察対応、刑事告訴サポート
  •  

  • 民事訴訟サポート

 

■専門家の一言アドバイス
パワハラの対策機関には証拠収集のみしか対応していない会社も存在します。しかし証拠を集めただけでは被害の解決は難しく、しばらく経って再発してしまう例もよく見られます。調査だけで済ませるのではなく、企業への対抗措置まで対応している対策機関を選びましょう。

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

パワハラの無料相談はこちら

パワハラ者の方々へ

当対策室では、パワハラを確実に解決し、再発を防ぐところまで対応しております。パワハラでお悩みの方は必ず当対策室へご相談ください。

 

電話無料相談の利用方法

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
※犯人の心当たりなど

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします

電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

反ワクチンの会長からパワハラを受けている│パワハラ被害対策

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190