• ホーム
  • ニュース
  • あおり運転の正しい対策・解決法|あおり運転被害対策窓口

あおり運転の正しい対策・解決法|あおり運転被害対策窓口

あおり運転の正しい対策・解決法
あおり運転の被害相談が増えています。ここではあおり運転の正しい対策・解決法をご案内しております。あおり運転のドライバーは自己中心的なことも多く、駐車場までつけてきて車を傷つけたり、自宅にまで押しかけて危害を加えるケースもあるようです。正しい対策・解決法として、あおり運転ドライバーの身元を特定し、慰謝料請求などの対策を講じることも可能です。専門カウンセラーによるあおり運転の被害相談も行っておりますので、あおり運転の被害対策をご検討の方はこちら(解決ガイド)をご覧になってからお問い合わせください。

あおり運転の概要から正しい解決策まで(ご利用ガイド)

あおり運転とは

あおり運転の嫌がらせ
 

あおり運転

あおり運転は全国的にどこでも起こり得る問題として「社会問題化」しています。あおり運転に明確な定義などはありませんが、ここでは一般的にあおり行為であると捉えられる代表的な危険行為を8つご紹介します。
 
いずれも道路交通法違反に該当する危険運転であり、被害者ドライバーや同乗者に恐怖感や威圧感を与えるだけでなく、大けがや死亡事故にもつながりかねない行為であり、絶対に許されるものではありません。
 
あおり運転の犯人が被害者を殴打し、同乗していた「ガラケー女」がその様子を撮影していた事件などは記憶に新しいところです。
 
2020年6月には道交法の改正で「妨害運転罪」が創設され、たとえ事故が起こらなくても、あおり運転それ自体に罰則が設けられました。

 

あおり運転の罰則

妨害を目的とした
あおり運転
3年以下の懲役、または50万円以下の罰金 免許取り消し/欠格期間2年
あおり運転により
著しい交通の危険
を生じさせた
5年以下の懲役、または100万円以下の罰金 免許取り消し/欠格期間3年

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

あおり運転の被害事例(運転中)

あおり運転の被害事例

  • 車間距離を詰める
  • 幅寄せ
  • クラクションでの威嚇
  • 追い越し車線での右ウインカー
  • 不必要なハイビーム
  • 物を投げつける
  • 車両をなぐる、蹴る
  • 威圧的な発言、暴言を吐く

 

車間距離を詰める

車間距離を極端に詰めて前の車両を威嚇するのは、あおり運転の最も代表的な行為と言えるでしょう。警視庁が公表しているあおり運転の検挙数も、この車間距離保持義務違反のデータがもとになっています。
 
一般に後方車両が取るべき車間距離は、走行速度から15を引いた距離が適正と言われています。例えば、50km/hで走行していた場合は35mの車間距離を取るべきであり、意図的にそれより接近してきた場合はあおられている可能性があります。

 

幅寄せ

幅寄せとは、隣の車線を並行して走っている車両が故意に車両を寄せてくる妨害運転のことです。追い越しを試みた際に、わざと右に車を寄せてくるケースなども多く見られます。
 
幅寄せをされると恐怖心が大きく、冷静でいられなくなるため、別の重大事故を誘発してしまうケースも見られます。

 

クラクションでの威嚇

正当な理由なくクラクションを鳴らし続け、特定の車両を威嚇する行為もあおり運転に当たります。特に後方から自分の走行速度より遅い車両に対して行われるケースが多いようです。

 

追い越し車線での右ウインカー

追い越し車線を走っている前方車両をあおる目的で右ウインカーを出すドライバーがいます。クラクションによる威嚇と同様、走行速度の遅い車に対して行われます。

 

不必要なハイビーム

後方からハイビーム走行をして、前方車両のドライバーの視界を奪うあおり運転です。通常、前方に車両がある際は夜間でもロービームに切り替える必要があるのですが、意図的にハイビームにすることで、相手車両を妨害します。
 
単なる不注意でハイビームのままにしているケースもありますが、ずっと後ろを走っていた車両が急にハイビームに切り替えたり、頻繁にハイビームとロービームを切り替えたりする状況ですと、あおりが目的と言えるかもしれません。

 

物を投げつける・車両を蹴る・暴言など

あおり運転の加害者が物を投げつけてきたり、車両を蹴ってきたり、暴言などを吐いてきたりすることがあります。これらは運転中の被害としてはかなり深刻であり、後述の「日常生活にまで大きな被害が及んだ事例」に発展する可能性が高いと言え、注意が必要です。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

あおり運転のさらに深刻な被害事例

このような深刻なケースに該当する場合は、早急にご相談ください。
 

さらに深刻な被害事例

  • 駐車場までついてきて車を傷つけられる
  • 住所を知られてしまい自宅を特定される
  • 自宅や勤務先に押し掛けられる
  • 怪文書や脅迫文を送り付けられる
  • SNSやネット掲示板などに根も葉もないデマを流される
  • つきまといや監視といったストーカー行為 など

 

あおり運転の加害者は自己中心的であり、気性が荒いケースが多く、話し合いをしようとすれば暴力事件など更なるトラブルに発展する恐れがあります。それだけでなく、上記にあるような「駐車後の深刻な被害」も数多く起きていることも事実です。そのため走行中だけに留まらず、駐車後の日常生活まで十分に注意して頂く必要があります。

 
あおり運転の相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

あおり運転の正しい解決策

証拠の収集

あおり運転問題を解決するためには、現在受けている被害の証拠を集めることが必要です。ドライブレコーダーなどの映像が被害の証拠になりうるケースもありますが、ドラレコの普及率は約30%に留まるうえ、映像の解析度によっては証拠として認定されないケースもあるようです。ストーカー・嫌がらせ被害対策室ではあおり運転の嫌がらせを解決するために必要な証拠の収集を行っています。

 

犯人の特定

あおり運転被害の解決には犯人の特定も欠かせません。被害者本人が犯人を特定しようとすると、自己中心的なあおり運転犯に逆恨みされ、さらに重大な被害へとつながる恐れもあります。ストーカー・嫌がらせ被害対策室では、車両ナンバーなどから加害者を特定するためのノウハウを保持しているので、安全な形で加害者を特定することができます。

 

慰謝料請求

いくらあおり運転の加害者であっても感情に任せて法外な金額を要求することはできません。法律や過去の判例から賠償額を決める必要がありますし、交渉を有利に進めるためには、被害の状況を細かく記録・検証することが必要です。そのためには専門家の判断を仰ぐことが重要となります。

 
あおり運転は運転中に受ける被害だけではなく「駐車後の被害」が多いことはすでにお話したとおりです。そういった悪質な事例では、ご自身では被害の全容を把握できず、不当に安い慰謝料しか受け取れない場合も多く見られます。
 
方向性も定めないまま弁護士に丸投げしたり、すぐに裁判を決めたりしても、無駄な労力やお金を使うだけになってしまいます。当対策室では、被害状況から慰謝料請求の金額について見極め、適切なアドバイスをお送りいたします。

 

刑事告訴

刑事告訴とは、被害内容を警察や検察に報告し、加害者の処罰を求める手続きのことです。しかし、手続きの方法を誤ると、相手に罪を問えないばかりか、偽りの告訴をしたとして「虚偽告訴罪」に問われてしまう可能性もあります。必ず専門家に相談しましょう。当対策室ではあおり運転の刑事告訴を多く取り扱ってきた調査員が在籍しており、法的見地から手続きの方法について詳しくアドバイスいたします。

 
あおり運転の相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

あおり運転の無料相談窓口はこちら

私たちは「証拠の取得」と「犯人の身元特定」によって、あおり運転被害を「解決」するため全力でサポートします。

 

あおり運転の被害者の皆さまへ

あおり運転の被害は走行中だけに留まらず、駐車場や自宅にまで押しかけ、危害を加えられるケースもあるようです。基本的にあおり運転の加害者は自己中心的な人物が多く、対応を誤るとさらに深刻な被害に発展するケースが多いので注意が必要です。
 
「あおり運転で怖い思いをした」「あおり運転をされた後も被害を受け続けている」といった場合は、今すぐ当対策室にご相談ください。あおり運転者の身元特定や慰謝料請求など被害に応じた正しい対策・解決方法について、詳しくご案内させて頂きます。
 
あおり運転の被害相談は、年中無休・24時間お受けしております。

 

電話無料相談の利用方法

 

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
どのような嫌がらせを受けているか?

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

あおり運転の正しい対策・解決法|あおり運転被害対策窓口

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190