• ホーム
  • ニュース
  • CA(キャビンアテンダント)の嫌がらせ被害と対策について│CAの嫌がらせ対策

CA(キャビンアテンダント)の嫌がらせ被害と対策について│CAの嫌がらせ対策

CA(キャビンアテンダント)の嫌がらせ被害と対策について│CAの嫌がらせ対策】
CA(キャビンアテンダント)の方から嫌がらせ被害について相談される事例が増えています。CAの職場である旅客機内は密室であり、乗客からのセクハラや先輩CAからのパワハラを受ける例が目立ちます。それらの嫌がらせによって憧れのCAを辞めるのはもったいないですし、ご本人としても不本意だと思います。被害を受けたら早めに専門家に相談することをおすすめします。専門家による嫌がらせについての無料相談も行っておりますので、嫌がらせに悩まされているCAの方はこちら(解決ガイド)をご覧になってからお問い合わせください。

CAが受けやすい嫌がらせ実例と正しい解決策

CAが受ける嫌がらせ(セクハラ)

CAの嫌がらせ
 

CAが受ける嫌がらせ被害の代表例にセクシャルハラスメント(セクハラ)があります。海外の航空会社では男性のCAも多くいますが、日本のJALやANAではCAのほとんどが女性であり、男性客からセクハラを受ける被害が後を絶ちません。アメリカの客室乗務員協会(AFA)が2018年に行った調査によると、CAの実に68%が乗客からセクハラ被害を受けたことがあると回答したそうです。
 
特に長距離のフライトでお酒を飲んだ乗客などは、酔った勢いで電話番号を聞いてきたり、胸やお尻を触るといったセクハラ行為を働くことも多いので、注意が必要です。
 
さらに台湾の航空会社では、乗客がトイレの呼び出しボタンでCAを呼び、「パンツを脱がせてくれ」「尻を拭いてほしい」などと要求するという、極めて悪質なセクハラが行われた事例もあるようです。
 
旅客機の中は密室であり、セクハラを拒絶することで乗客が逆上し、運航状況に悪影響を及ぼすことも考えられます。そして、CAが強く注意できないのをいいことに、悪質な嫌がらせが行う乗客がいるのも事実です。雇用主にセクハラを報告できない例も目立ち、先に紹介したAFAの調査によると、セクハラ被害を受けたCAのうち勤務先の会社に報告したのはわずか7%に留まっているとのことでした。

 

CAが受けるセクハラ事例

  • 電話番号やLINEの交換を強要
  • キスやボディタッチの強要
  • 胸やお尻、陰部などへの性的接触
  • スカートの中を盗撮される
  • 乗客の性器を見せられる など

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

CAが受ける嫌がらせ(パワハラ)

CAは上司からのパワハラ被害を受けやすい職業でもあります。女性が多い職場でありながら上下関係が厳しく、不眠症などから離職率も高いと言われています。外資系の航空会社よりも日系の航空会社でその傾向が顕著なようです。
 
新人のCAですと、出社時間の2時間前に出社することを強要されたり、フライトに関する打ち合わせ場所を押さえる仕事を任されたりすることもあり、それらが精神的負担になることも多いようです。
 
客室全体を統括する責任者である「チーフパーサー」は特に気が強い人が多いとも言われ、乗客の搭乗前の準備でCAが手間取っていると、チーフパーサーから拡声器で「お前ら全員降りろ!」と怒鳴りつけられたりすることもあるようです。
 
先輩CAの間では後輩の「ダメな子リスト」が出回っており、挨拶ができなかったり業務でミスを犯したりしたCAはパワハラの標的になりやすいという話もあります。

 

CAが受けるパワハラ事例

  • チーフパーサーに乱暴な言葉で人格を否定された
  • 仕事のミスを必要以上になじられた
  • 他の同僚を巻き込んで陰口を叩かれている
  • 男性操縦士に手を上げられた など

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

CAの嫌がらせの正しい解決法

CAの職場である旅客機内は密室であり、セクハラやパワハラからの逃げ道が確保しづらいため、被害がエスカレートしやすい傾向にあります。
 
また、CAの仕事は拘束時間が長く、完全なプライベートが確保しづらいことから、セクハラやパワハラで精神的に参ってしまい、離職率が高い要因ともなっています。
 
憧れて始めたCAの仕事を嫌がらせで辞めるのはもったいないですし、ご本人にとっても不本意でしょう。嫌がらせ被害を受けたら、少しでも早く専門家に相談することをおすすめします。
 
ストーカー・嫌がらせ被害対策室では、調査によって「証拠の取得」「犯人の特定」を行い、嫌がらせ被害の「解決」までを全力でサポートいたします。

 

証拠の取得

嫌がらせを解決するうえで必要なことは、現在受けている被害の証拠を集めることです。とはいえ、被害者自身で証拠を取ることは難しいため、専門家に証拠収集を依頼することが解決への近道と言えます。当対策室では嫌がらせを解決するために必要な証拠収集を実施しています。

 

加害者の特定

嫌がらせ被害を解決するうえでもう1つ大切なことは、犯人を特定することです。犯人に心当たりがあっても、その人物が実行している証拠がない限り、追及したり処罰したりすることはできません。当対策室では犯人を特定する調査も行っています。

 
嫌がらせの相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

CAの嫌がらせ対策依頼をする際の注意点

嫌がらせ(セクハラ・パワハラなど)対策の依頼方法

依頼の流れ
  1. 被害を受けていると感じたら、まず専門家に相談しましょう。
  2. 被害を受けていると感じた理由や、現在の被害状況を詳しくお伝えください。
  3. 調査によって被害の事実の確認、証拠収集、犯人の特定を行います。
  4. 被害の証拠を取った上で、慰謝料・損害賠償請求や、刑事告訴など、検討している具体的な解決策のご要望を担当者にお伝えください。

 

嫌がらせ(セクハラ・パワハラなど)対策依頼の注意点

現在の状況 被害を受けるようになった理由や心当たりなど、出来るだけ詳しくお伝えください。
対策費用 被害状況や現在お持ちの情報によって、調査費用や解決策が異なるため事前にご確認ください。
対策相談 被害の状況や、ご自身が今後どうしたいかによって、必要な解決策は異なります。どのような対策が可能であるかは事前に担当者と打ち合わせを行い、ご自分に合った調査方法・解決策をご選択ください。

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

CAなどの嫌がらせに関する無料相談はこちら

ストーカー・嫌がらせ対策室では、「証拠取得」「犯人特定」によって、CAの嫌がらせ被害の「解決」までを責任を持って承ります。警察や他社に相談しても改善しなかった・失敗した案件についても対応しているので、まずはお気軽にお電話ください。ご相談は24時間・365日受け付けております。

 

電話無料相談の利用方法

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
どのような嫌がらせを受けているか?など

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

CA(キャビンアテンダント)の嫌がらせ被害と対策について│CAの嫌がらせ対策

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190