議員の嫌がらせ被害と対策について│議員の嫌がらせ対策

議員の嫌がらせ被害と対策について】
政治の世界は年功序列の風潮が色濃く残っており、特に若手議員などは深刻な嫌がらせ被害を受けやすい環境にあります。また、政治の世界は常に足の引っ張り合いという側面もあり、敵対する陣営からの恒常的な嫌がらせを受けてしまいがちです。特にSNSの発達によって、風評被害が選挙結果に影響を及ぼす可能性も高まっているため、嫌がらせ被害に気付いたら少しでも早く専門家に相談する必要があります。嫌がらせに悩まされている政治家の方はフリーダイヤルからお問い合わせください。

議員が受ける嫌がらせ事例と正しい解決策

議員が受けやすい嫌がらせ被害 その1

議員の嫌がらせ被害
 

2019年の参院選で当選した候補者の平均年齢は54.4歳でした。なかには定年制を敷いている政党もあるものの、依然として平均年齢は高く、旧態依然とした体質が残っているのも事実です。「先輩や年長者を敬え」という風潮が行きすぎた結果、新人・若手議員へのパワハラにつながりがちです。特に選対委員長などは比例名簿の順位を決める権限を持っており、そういった権力を笠に着て、高圧的な態度を取ってくる可能性もあります。
 
また、派閥間の闘争が時にいじめにつながるケースもあります。総裁選や代表選の前、他派閥のキーマンを料亭などに誘って懐柔するケースもありますが、反主流の弱小派閥ですと露骨な嫌がらせを受けることもあります。特に、反主流の弱小派閥に身を置きながら国民の人気が高い議員などは他派閥からの嫌がらせを受けやすく、時にはメディアやSNSなどを用いた大々的なネガティブキャンペーンが展開されることもあると言われます。
 
本来であれば国民のために働くべき議員が、党内の派閥闘争に追われるジレンマで神経をすり減らし、やがて重大な精神疾患を患ってしまう可能性もあります。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

議員が受けやすい嫌がらせ被害 その2

国会議員や地方議員もTwitterなどのSNSを活用する方が増えてきました。自身の掲げる政策を広くアピールできるという点では有効ですが、読み手はあなたの支持者ばかりではない点に注意が必要です。思想の異なる人などが嫌がらせ目的でリプを送ってきたりすることもあると言われます。
 
また、Twitterには根も葉もない情報が多く流布されていますが、特に議員はデマの標的になりやすいと言えます。Twitterはボタン1つでリツイートすることができ、内容の真偽を確かめないまま、誤った情報を拡散する人もいます。また、自分の主義主張と相容れない議員について、確信犯的にデマを流布する人もいるようです。
 
ネットを用いた嫌がらせは議員同士でも行われることがあります。10年ほど前までは「ネットで発信するよりも選挙区をドサ回りすべき」と考えていた議員も続々とSNSを活用しはじめ、場合によっては対立候補への嫌がらせに発展することもあります。特に選挙期間中は少しでも多くの票を獲得すべく、他候補へのネガティブキャンペーンが行われることもあるようです。悪質な例ですと、出馬した候補の関係者が一般人を装って、対立候補のデマを流したり誹謗中傷を行ったりすることもあるという説もあります。
 
実際、2018年の新潟県知事選挙では、とある候補について「北朝鮮の拉致は創作(実際には行われていない)」という論文を書いたとのデマが流れ、一部SNSでも話題になったようです。
 
そういったデマが手軽に拡散され、トレンドなどに挙がってしまった場合、選挙結果に重大な影響を及ぼしてしまう可能性もあります。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

議員が受けやすい嫌がらせ事例

  • 先輩議員による恫喝・冷遇
  • 男性議員から女性議員へのセクハラ被害
  • 対立候補によるネガティブキャンペーン
  • SNSで議員やその家族が誹謗中傷される
  • 選挙ポスターを破られる・落書きされる
  • 選挙期間の遊説中にヤジられる

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

議員の嫌がらせの正しい解決策

議員の世界は年功序列の風潮が色濃く残っており、特に若手議員などは深刻な嫌がらせ被害を受けやすい環境にあります。また、政治の世界は常に足の引っ張り合いという側面もあり、敵対する陣営からの恒常的な嫌がらせを受けてしまいがちです。
 
ただし、議員の本分はあくまで国民・県民などの生活を守るために尽力することであり、度を越えた嫌がらせに神経をすり減らすのは不毛です。もちろん嫌がらせが許されるわけでもありません。
 
特にSNSの発達によって、風評被害が選挙結果に影響を及ぼす可能性も高まっているため、嫌がらせ被害に気付いたら少しでも早く専門家に相談する必要があります。
 
ストーカー・嫌がらせ被害対策室では、調査によって「証拠の取得」「犯人の特定」を行い、嫌がらせ被害の「解決」までを全力でサポートいたします。

 

証拠の取得

嫌がらせを解決するうえで必要なことは、現在受けている被害の証拠を集めることです。とはいえ、被害者自身で証拠を取ることは難しいため、専門家に証拠収集を依頼することが解決への近道と言えます。当対策室では嫌がらせを解決するために必要な証拠収集を実施しています。

 

加害者の特定

嫌がらせ被害を解決するうえでもう1つ大切なことは、犯人を特定することです。犯人に心当たりがあっても、その人物が実行している証拠がない限り、追及したり処罰したりすることはできません。当対策室では犯人を特定する調査も行っています。

 
嫌がらせの相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

議員などの嫌がらせに関する無料相談はこちら

ストーカー・嫌がらせ対策室では、「証拠取得」「犯人特定」によって、議員の嫌がらせ被害の「解決」までを責任を持って承ります。
 
個人情報の取り扱いには細心の注意を払っているため、ご相談いただいたことが外部に漏れ伝わる心配はございません。
 
他社に相談しても改善しなかった・失敗した案件についても対応しているので、まずはお気軽にお電話ください。ご相談は24時間・365日受け付けております。

 

電話無料相談の利用方法

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
どのような嫌がらせを受けているか?など

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

議員の嫌がらせ被害と対策について│議員の嫌がらせ対策

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190