• ホーム
  • ニュース
  • 小学生の息子が学校でいじめを受けている│いじめ被害対策

小学生の息子が学校でいじめを受けている│いじめ被害対策

【小学生の息子がいじめられています】
学校でのいじめは体や心を傷つける卑劣な行為であり、放置すると不登校や自殺につながることもあります。学校や教育委員会は対応に消極的な場合も多いため、少しでも早く専門家に調査を依頼することをおすすめします。当対策室では無料相談を年中無休で承っておりますので、フリーダイヤルからお気軽にお問い合わせください。

息子のいじめ問題を解決したお母さんの体験談

いじめ調査を依頼した経緯

小学生の息子がいじめられている
 

小4になった頃から息子に異変が

私には9歳になる息子がいます。小学3年生の頃まではとても明るく、放課後や休みの日は友達と元気に遊びに行く様子を見せていましたが、小学4年に進級した頃から急に内気になり、家でゲームばかりしているようになりました。
 
もう1つ気になるのは、以前は家族で食卓を囲むとき、学校での出来事についてたくさん話してくれていたのですが、最近はまったくと言っていいほど、学校での話を口にすることがなくなりました。
 
やはり親としてはいじめなどを受けているのではないかと疑ってしまいます。本人には「学校で嫌なこととかない?」と頻繁に聞くようにはしていますが、まったく答えてくれません。
 
子供の学校での様子を調べていただくことは可能でしょうか?

 

1つでも当てはまったら要注意!いじめチェックポイント

  • 学校に行きたがらない
  • 買ってあげた物をすぐに失くす
  • 洋服やランドセルなどを汚して帰ってくる
  • 学校や友達の様子を聞いてもはぐらかす
  • 家の中でも暗い表情を見せている
  • 家に友達を呼んだり友達と出かけることがなくなった など


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

いじめ調査を依頼した結果

いじめの実態が判明

調査の結果、息子は学校でいじめを受けていたことが分かりました。休み時間のサッカーに息子だけ誘われない、給食も1人で食べるなど、完全に仲間外れにされていました。教師は朝の会などで「〇〇君も仲間に入れてあげましょう」と呼びかけていましたが、息子としてはそれも嫌だったようです。

 

相談して大正解でした!

対策室さんに作成していただいた報告書をもとに、学校との話し合いを重ねた結果、仲間外れにされることはなくなったようです。調査によって子供のいじめがさらに激しくなることを心配していましたが、対策室さんはノウハウを持っており、息子にとって最善の解決策をとってくださりました。おかげで息子にも笑顔が戻りました。いじめの確証はなかったので相談前は迷いましたが、調査をお願いして大正解だったと思います。

 
いじめの相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

いじめ問題の正しい解決方法

学校でのいじめは、教師や親でも気づかないほど巧妙に行われていることがあります。また、学校や教育委員会もいじめの存在を認めることに消極的なケースが多いようです。
 
いじめを放置すると、被害者であるあなたのお子さんは次第に精神的に追い込まれていきます。不登校につながったり、最悪のケースではお子さんが自ら命を絶つことも考えられます。お子さんはいじめについて親に話そうとしないことも多く、専門家の調査によっていじめの実態を把握することが重要です

 
あなたの街の対策室にはいじめ問題に詳しい専門家が在籍しており、「証拠収集」「加害者の特定」を通じ、いじめが「解決」するまで全力でサポートいたします。

 
面談夫婦
 
 

証拠を取る

いじめは非常に繊細な問題であり、学校や教育委員会に相談しても取り合ってもらえないことも多いようです。当対策室では現在受けているいじめの証拠を音声・写真・映像などに収め「いじめが起きている」ことをはっきりさせます。

 

加害者を特定する

いじめの加害者については察しがついていたとしても、その人物が実際にいじめを行っている事実を特定しない限り、追及したり処罰したりすることはできません。当対策室では、法的措置などをとる際に不可欠な加害者の身元情報(名前・住所・両親など)を調査します。

 

調査の終了後は文章および画像でまとめられた冊子を作成し、調査報告書として依頼者様にお渡しします。これらの資料(報告書)は公的な証拠として認定されており、いじめの加害者・学校などを相手に法的措置をとるため使用することもできます。
 
いじめの調査報告書
 
そのほか依頼者様の希望に応じた解決策を提案することが可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

 
いじめ解決


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

いじめ調査の具体的方法

子供の見守り調査

保護者の方が一日中子供の行動を見守るのは現実的ではないでしょう。保護者に代わって子供の様子を見守り、張り込みや尾行によっていじめの有無を確認します。

 

加害者の行動調査

子供のいじめは年々悪質化・巧妙化しており、人目に付きづらいところで行われることも珍しくありません。また、一見いじめをするように見えない「成績優秀・スポーツ万能」な生徒がいじめの加害者になっていることも多く、周囲がいじめに気付かない要因となっています。
 
そうしたケースに備え、いじめ加害者の行動を調査し、いじめを行っている証拠をつかむことが重要です。

 

加害者の家族調査

子供のいじめ問題で加害者に損害賠償を請求する場合、加害者の親(保護者)が責任を取る必要があります。民事訴訟において重要となるのは「加害者の親はいじめの事実を把握していたか」です。
 
加害者の親の行動調査により「子供がいじめていることを知りながら何もしていない」ことが判明した場合、慰謝料を取れる可能性が高まります。

 

教職員の行動調査

学校内でのいじめの場合、最も敏感に察知すべきは担任をはじめとした教職員です。確かに近年は子供のいじめでLINEが使われるなど、教師が気付きづらい環境になっているのは事実ですが、それでもいじめが行われている雰囲気は感じ取れるものです。
 
特に、教職員の行動調査により「いじめの相談に応じなかった」「教師もいじめに加担していた」などの事実が判明した場合、学校内での安全配慮義務違反で訴えることができる可能性があります。

 

■専門家の一言アドバイス
お子さんは「恥ずかしい」「かっこ悪い」といった理由から、いじめを受けていることを親御さんに隠したがる傾向にあります。また、教師や教育委員会も事なかれの対応をすることもしばしばです。いじめの発覚が遅れ、お子さんが取り返しのつかない行動を起こす前に、一刻も早く専門家のアドバイスを仰ぐことが重要です。

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

いじめ問題の無料相談はこちら

お子さんのいじめ調査を希望する方々へ

当対策室では、いじめ被害を確実に解決し、再発を防ぐところまで対応しております。お子さんのいじめでお悩みの方は必ず当対策室へご相談ください。

 

電話無料相談の利用方法

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
※なぜいじめを疑っているか?など

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

小学生の息子が学校でいじめを受けている│いじめ被害対策

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190