• ホーム
  • ニュース
  • 外国人による集団ストーカー被害について│対策と解決方法

外国人による集団ストーカー被害について│対策と解決方法

集団ストーカー被害対策
 
【外国人による集団ストーカー】
集団ストーカーは「gang stalker(ギャングストーカー)」と英訳されますが、アメリカでは「Targeted Indivisual(略称:TI)」と呼ばれています。集団ストーカーによる被害者は日本のみならず世界中に存在すると言われます。ここでは外国人による集団ストーカーの被害事例と対策・解決方法について詳しく解説します。同じようなお悩みやご不安をお持ちの方、調査や解決方法をお知りになりたい方は必ずご相談ください。
被害相談ダイヤル(年中無休・24時間受付)

外国人による集団ストーカーとは|被害事例と解決方法

外国人による集団ストーカー被害事例

外国人による集団ストーカー
 

外国人から集団ストーカー被害を受けていると思います。

【外国人集団ストーカー被害:30代男性の体験談】

 
1年前から仕事の都合で地方から上京して、現在はマンションで一人暮らしをしています。同じマンションには数名の外国人も入居しているのですが、深夜に大人数で騒いだり、不特定の外国人が出入りしたり、玄関の開閉音や歩く床の音も大きく、廊下やエントランスでのゴミのポイ捨てもあり、かなりマナーが悪いので何度も管理会社からクレームを入れてもらったことがあります。

 
ある日、玄関を出てエントランスまで行くと、外国人男性が私を睨みつけながらブツブツ言っていることに気付きました。早歩きで横を通り過ぎようとしたとき、片言ですが日本語で「お前、殺すよ」と言われ、怖くなり聞こえないふりをして外まで逃げました。

 
近所のスーパーでは、複数の外国人が中で買い物をしている私が出てくるのを待っていることがありました。「またやられる」と思い怖くなり、歩きスマホの状態で帰ろうとしたら、数十メートルも後ろをついてきて恐らく英語で、詳しい内容まで分からなかったものの、いわゆるFワード(F●CK)と日本人の蔑称(ジ●ップ)を連呼していることだけは聞き取れました。こんなことが今後も続くのかと思うと耐えられません。

 
その他にも、休日に友人と駅前で待ち合わせをしていると、外国人男性に「ホワットタイム?」と聞かれたりしました。近くには大きな時計がありましたし、相手は片手にスマートフォンを持っていました。それなのにわざわざ時間を尋ねてくれるのは、何か別の意味があるでは...と思ってしまいます。やけに威圧的な態度だったので、私に恐怖心を植え付ける意図があったとも想像します。

 
それらの嫌がらせが外国人による集団ストーカーによるものということはインターネットで知りました。自分が被害に遭う前から「集団ストーカー」という単語は聞いたことがあったのですが、絶対に被害妄想だろうと思っていました。被害者になって初めてその辛さが分かりましたし、自分ではどうすることも出来ず恐怖を感じるばかりです。

 
他にも、外国人から夜道で携帯ライトの光を当てられたこともあります。最近はコンビニで働く外国人店員からつたない日本語で自分しか知らない事柄を仄めかされたり、同じマンションに住む外国人からは常に睨みつけられるなど、至る所で集団ストーカーの被害を受けています。

 
このままでは日常生活に支障が生じるのではないかと、本気で怖くなってきました。怖くて外出もできない状態です。マンションでクレームを入れただけで、こんなことになるとは見当も付きませでした。私の気のせいや勘違いではないと思っています。集団ストーカー被害に遭っていることは間違いありません。

 
ハバナ症候群

 

集団ストーカー事件簿「ハバナ症候群」

「ハバナ症候群(Havana Syndrome)」とは、2016年のキューバの首都ハバナで、アメリカとカナダの外交官が原因不明の体調不良を訴えたことで注目された現象です。この原因不明の症状に、アメリカは「意図的な攻撃」との見解を示し、「マイクロ波兵器」が使われた可能性を有力視していました。科学的な根拠は見つからないまま、世界各地でアメリカの外交官や兵士、CIA職員に同様の症状が出て、その数は200件を超えたと言われている。

 
2021年10月8日、アメリカのバイデン大統領は、「ハバナ症候群(Havana Syndrome)」を発症した外交官や政府関係者を支援する法案に署名しました。キューバの首都ハバナに駐在していた米外交官らが、頭痛や吐き気、聴覚障害(機械音、虫の鳴き声が聞こえる)などの症状を訴えたのが始まりで、これまでにもロシアやポーランド、中国などに駐在する約200人の米政府関係者やその家族が被害を受けたとされ、事態は深刻になっていた。

 
出典:アメリカのハバナ症候群 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より
参考記事:研究者は外交官の謎の病気を無線周波/マイクロ波放射に結びつける
参考記事:奇病「ハバナ症候群」の正体と対策

 

類似の被害例をご紹介│集団ストーカー被害

  • SNSで知り合った外国人からストーカーされている。
  • 外国人ストーカーが自宅に押しかけてきた。
  • どこに行っても待ち伏せや監視をされている。
  • 感情むき出しで誹謗中傷されて恐怖を感じる。
  • スマホを向けられて盗撮、盗聴される。
  • 外国人グループに監視されている。

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

外国人による集団ストーカー被害でお悩みの方へ

集団ストーカー被害は早めの対応が肝心

<一人で悩まずに、必ずご相談ください>
外国人による集団ストーカー被害の解決方法は、個々の被害状況に応じて異なりますが、まずは事実関係を明らかにする調査が必要となります。自分で解決しようと思って加害者と接触したり、問い詰めてしまうとかえって被害を大きくしてしまうことがあります。

 
<調査・対策のご案内、お見積りは無料です>
被害状況やお悩み事をお聞きした上で、お一人お一人に合った調査プランと解決策をご案内しています。まずは無料相談をご利用になって、あなたに合った解決方法を見つけてください。

 

集団ストーカー被害の解決は専門家への相談から

外国人による集団ストーカー被害でお悩みの方に、専門カウンセラーが被害状況に応じた適切な調査内容と解決へ向けたカウンセリングを行っております。皆さまが抱える悩み事に沿った解決策のご提案を行い、必要とされる調査・情報収集、証拠を活用した対処など具体的な対策プランをご提示します。

 
どのような対策がふさわしいかを判断するためにも、これまでの経緯・被害状況・加害者についての情報などを詳しくお聞かせください。集団ストーカー被害の解決には「被害を証明する証拠」と「加害者の特定」が必要になりますので、証拠が無く、加害者を特定できないとなると解決が困難になります。当対策室では被害の状況に応じた最適な対策プラン(事実確認、証拠取得・加害者特定、解決策)をご提案していますので、どうか諦めずにご相談ください。

 

他社で断られたり、困難なケースでも諦めずに相談を

当対策室は、集団ストーカー・嫌がらせ対策に特化した探偵社です。どんなに難しい場合でも、諦めていた状況でも、他社で断られた事案でもお任せください。自分で対処することが困難である場合や、解決方法が分からないといった場合は、集団ストーカー対策の専門カウンセラーがご依頼者様にとって最適な解決方法をご提案しますのでご安心ください。あなたに合った解決策が必ず見つかるはずです。

 
外国人集団ストーカー相談ダイヤル


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

集団ストーカーの正しい解決方法

問題解決には「証拠取得」と「犯人特定」が必要です。

<証拠取得>
集団ストーカー被害を解決するうえで必要なことは、現在受けている被害の証拠を集めることです。とはいえ、被害者自身で証拠を取ることは難しいため、専門家に証拠収集を依頼することが近道と言えます。当対策室では、集団ストーカー被害を解決するために必要な証拠収集を行います。

 

<犯人特定>
集団ストーカー被害を解決するうえでもう1つ大切なことは、犯人を特定することです。犯人に心当たりがあっても、その人物が実行している証拠がない限り、追及したり処罰したりすることはできません。当対策室では、犯人を特定するための調査も行っております。

 
集団ストーカーの調査報告書
※書面と画像をセットで調査報告書としてお渡しすることもあります。

 

調査の終了後は文章および画像でまとめられた冊子を作成し、調査報告書として依頼者様にお渡しします。これらの報告書は客観的証拠となるため、警察への被害届や刑事告訴、裁判でも使用することができます。

 

「集団ストーカー被害の解決」を目指して全力でサポートします。

ストーカー・嫌がらせ被害対策室の5つの強みをご案内します。

 
集団ストーカー解決


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

専門家が行う集団ストーカー対策

集団ストーカー被害・解決プロセス

集団ストーカー対策に特化した専門家が実施する、解決までの対策内容です。

 

集団ストーカー対策1
<探偵調査:証拠収集と犯人特定>

  • 集団ストーカーの事実確認(実態調査)
  •  

  • つきまとい行為、監視行為の証拠収集と犯人特定
  •  

  • 待ち伏せ、みだりにうろつく行為、ほのめかし行為等の証拠収集と犯人特定
  •  

  • 調査機材を用いた調査(盗聴器・盗撮器調査、電磁波測定)

 
集団ストーカー対策2
<弁護士:法的措置(刑事事件)のサポート>

  • 集団ストーカーの逮捕、刑事処罰サポート
  •  

  • 刑事告訴サポート
  •  

  • 被害届、警察相談、警察対応サポート

 
集団ストーカー対策3
<弁護士:法的措置(民事事件)のサポート>

  • 集団ストーカー慰謝料請求サポート
  •  

  • 示談・協議・交渉サポート

 

■専門家の一言アドバイス
「証拠収集」だけ行う探偵社が多く、いくら証拠を得ても解決までの手順を踏まなければ問題の解決は望めません。調査能力はもちろん、加害者に対する「法的措置」も考慮して解決できるようサポートしている機関を選択することが重要です。

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

集団ストーカーの無料相談はこちら

電話無料相談の利用方法

集団ストーカー被害相談ダイヤル

 

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
※犯人についての心当たりなど

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

 

無料相談フォームの利用方法


無料相談フォーム

無料相談をご利用になる皆様へ

一人で悩みを抱えずに、つらいときは助けを求めることも必要です。周りに相談できる人がいない場合や自分での解決が困難だと感じたら、一人で悩まず、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

※お急ぎの場合は電話でも予約可能です。
【通話無料・24時間対応】:0120-130-190

 

お名前(匿名でも可)
性別 男性
女性 
お住まい地域※必須
ご連絡先(固定電話・携帯)※必須
メールアドレス※必須
相談内容※必須 被害相談 対策依頼 料金見積もり
面談希望 希望する 希望しない
面談希望日1
面談希望日2
現在の被害状況※必須
ご要望・ご質問※必須

 


電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

外国人による集団ストーカー被害について│対策と解決方法

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190