• ホーム
  • ニュース
  • ゲーム実況を閲覧している視聴者によるストーカー・集団いやがらせ被害の実態とは

ゲーム実況を閲覧している視聴者によるストーカー・集団いやがらせ被害の実態とは

ネットトラブル被害対策
 
【ゲーム実況者への誹謗中傷
ネット上の複数人による誹謗中傷について多くの相談が寄せられています。特にゲーム実況などの配信者は標的になりやすい傾向があり、ひどいケースですと自宅が特定され、現実での嫌がらせに発展することもあるようです。専門家に相談することで、誹謗中傷の書き込みは削除したり加害者を処罰したりできる可能性があります。無料相談は年中無休で承っていますので、一人でお悩みを抱え込まず、どうか我々にお話だけでもお聞かせください。
 

ストーカー・嫌がらせ被害対策室0120-130-190(24時間・年中無休)

複数人による集団いやがらせについて相談したゲーム実況者の体験談

ストーカー・嫌がらせの相談事例

ゲーム実況者への誹謗中傷
 

ゲーム実況中、複数人から誹謗中傷のコメントが寄せられます

【集団いやがらせ被害を相談した20代女性(ゲーム実況者)の体験談】
 
有名なYouTuberに憧れて、1年前くらいからゲームの配信を始めました。正直ゲームはまったくの初心者ですし、トーク力に自信があるわけでもありません。YouTuber1本で食べていくというより、ファンの方たちとゲームの楽しさや素晴らしさを共有したいと考えていました。
 
ゲーム実況ではスマホアプリもコンシューマもプレイしてきましたが、操作が難しい場面もあり、たくさんミスをしてしまう時もありました。アクションゲームでは操作が難しいのと私自身プレイが苦手という事もあり、同じミスを何度も繰り返してしまう場面もありました。ただ、結果的にそれを面白がってくれる視聴者さんもいたのか、登録者数は200人を超えました。
 
チャンネルの概要欄には「上手いプレイを見たい人、お断り!」という文言を入れていますが、なかには「もっとこうしたら上手くなるよ」とコメント欄に長文で書き込んでくれる人もいます。ですが、「見る価値のないチャンネル」「こんな下手クソにこのゲームを遊んでほしくない」という誹謗中傷まがいのコメントが届くことも多々あります。
 
チャンネルが軌道に乗ってからは週1くらいのペースで生配信していますが、コメント欄が荒らされることも増えました。コメント欄を見ると、10人から20人くらいのアンチが大量にコメントを送ってきているようですが、普通のコメントが埋もれてしまって読みづらいですし、荒れた雰囲気を嫌って同接の人数も減ってしまった気がします。
 
さらに最近はTwitterにまで誹謗中傷が届くようになって、「メイクと髪型がきもい」「ブス」「〇〇(女性芸人)そっくり」など、ゲームとは関係ないことを言われています。なるべく気にしないようにはしていますが、毎日のように誹謗中傷され精神的に病んでしまい、動画投稿を休んでしまった時期もありました。
 
ゲーム実況を再開してからもずっと気分が優れないので精神科にかかると、適応障害と診断されました。先生からは動画を休んだら?と言われましたが、私はゲーム実況が好きですし、アンチのせいで実況をやめるのは悔しいので、今後もずっと続けたいと思っています。
 
ただ、このまま誹謗中傷を受け続けるのは精神的に困難ですし、エスカレートした場合の恐怖もあります。何とか止める方法がないかと調べていると、民間の対策機関で対応してもらえることを知りました。どうか助けてもらえないでしょうか?

 

類似の相談事例をご紹介│複数のアンチによる集団いやがらせネットトラブル

  • SNSに本名や住所が晒されている。
  • 匿名掲示板に複数人から悪口が書かれている。
  • エゴサでサジェスト汚染に気付いた。
  • 自宅に不審者が押しかけてきた。
  • 郵便物が破られたり盗まれたりしているようだ。
  • 自宅が特定されている。

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

ネットトラブルを個人で解決するのが困難な理由とは

ストーカー・集団嫌がらせの手口

ストーカー行為は被害者に対して執拗につきまとったり、電話やSNSなどを使って一方的に連絡してくるなどして、生活や仕事だけでなく精神的にもダメージを与える行為です。ストーカー・集団嫌がらせは主に複数で精神的な嫌がらせを繰り返すことで、複数の加担者で異常な世界を作り上げるように仕向けるといった手法で行われるとされています。
 
その手法に影響されてしまうと普段気にしなかったようなことも、徐々に不信感を抱くようになり、家族や友人ですら拒絶しだし、偶発的に起きたことまで被害と思い込んでしまうような世界感に引き込まれてしまうのです。
 
そのためこのような被害の大部分は「洗脳工作(マインドコントロール)」とも言われたり、「気のせいや勘違い」と判断されることもあるようです。大掛かりな被害を受けてしまい証拠を取ることや加害者を特定することはできないと思い込まされてしまう可能性もあるようです。

 

ストーカー規制法における「ストーカー行為」とは

被害者対する恋愛感情や好意の感情又はその感情が満たされなかったことへの怨みの感情を満たす目的で、被害者や被害者の家族に、つきまとい等を繰り返す行為をいいます。

 
<つきまとい等の8つのパターン>

被害者が拒否の意思を示したにも関わらず、これらの行為を続けた場合には「ストーカー」とみなされます。

  • 行動監視をしていると告げる行為
  • つきまとい・待ち伏せ・押しかけ・うろつき等
  • 面会・交際等の要求
  • 著しく粗野・乱暴な言動
  • 無言電話、拒否後の連続電話、ファクシミリ、電子メール・メッセージの送信等
  • 汚物などの送付
  • 名誉を傷つける事項の告知
  • 性的羞恥心を害する事項の告知

 

ストーカー・集団嫌がらせ被害の解決には、
「証拠取得」と「加害者特定」が必要不可欠です。

 

証拠取得

ストーカー被害を解決するうえで必要なことは、現在受けている被害の証拠を集めることです。とはいえ、被害者自身で証拠を取ることは難しいため、専門家に証拠収集を依頼することが近道と言えます。当対策室ではストーカーを解決するために必要な証拠収集を実施しています。

 

加害者特定

ストーカー被害を解決するうえでもう1つ大切なことは、加害者を特定することです。加害者に心当たりがあっても、その人物が実行している証拠がない限り、追及したり処罰したりすることはできません。当対策室では加害者を特定する調査も行っています。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

ネットトラブル対策を専門家に相談すべき理由とは

警察が積極的に捜査できないケース

  • ストーカーの加害者が特定できていない。
  • ストーカーの証拠が十分に揃っていない。
  • 凶悪事件、重大案件と判断されなかった。

 

民間の対策機関に依頼するメリット

  • 事件性の有無に関わらず調査可能
  • 警察に提出する証拠(加害者特定含む)が取れる。
  • 民事訴訟を行う際に弁護士との連携が取れる。
  • 解決までプロセスが明確である。

 

■専門家のひと言
警察では「警告」や「接近禁止命令」を出すことができますが、加害者がはっきりしないケースでは対応が難しくなってしまいます。一方、民間のストーカー対策機関では証拠収集や犯人特定など、警察が動くために必要な証拠や情報収集を行います。つまり警察とストーカー・嫌がらせ対策機関は相互補完的な関係と言えるでしょう。

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

解決へのプロセス&当対策室が選ばれる4つの理由

専門家が行うストーカー・集団嫌がらせ対策

ストーカー・集団嫌がらせ対策に特化した専門家が実施する、解決までの対策内容です。

 
ストーカー・集団嫌がらせ対策1
♦【探偵】証拠収集と犯人特定

  • ストーカー被害の証拠収集と犯人特定
  •  

  • 監視・付きまといの証拠収集と犯人特定
  •  

  • 待ち伏せ・仄めかし等の証拠収集と犯人特定
  •  

  • 盗聴器・盗撮器発見など

 
ストーカー・集団嫌がらせ対策2
♦【弁護士】法的措置(刑事事件)のサポート

  • ストーカー被害相談、逮捕、刑事処罰サポート
  •  

  • 刑事告訴サポート
  •  

  • 被害届、警察相談、警察対応サポート

 
集団でのストーカー対策3
♦【弁護士】法的措置(民事事件)のサポート

  • ストーカーに対する慰謝料請求サポート
  •  

  • 示談・協議・交渉サポート

 

■専門家の一言アドバイス
ストーカー対策を標榜する探偵でも証拠収集しか対応していない業者も存在します。しかし、いくら証拠を得ても然るべき手順を踏まなければ、根本からの解決は望めません。調査能力はもちろん、その後の問題解決や法的措置にまで対応している専門機関を選択することが重要です。

 

ストーカー・嫌がらせ被害対策室の4つの強み

 
1.経験に裏打ちされた調査能力

当被害対策室では、これまで多くのストーカー・集団いやがらせ調査対策を行ってきました。尾行・張り込みに加え、専門機材を駆使した最新技術を用いた調査にも対応しています。また、ストーカー調査や対策は地域の制限がなく全国で対応していることも大きな強みと言えます。

 
2.圧倒的な提案能力

私たちは「聞く力」「伝える力」「感じる力」を日々研鑽しています。そういった経験を生かすことで、依頼者様の意図を正確に汲み取り、ご要望や目的を共有して適切な解決プランを提案し、依頼者様に納得していただけるプロセスで問題を解決いたします。

 
3.大手にはないフレキシビリティ

現場は常に不測の事態と隣り合わせです。杓子定規の仕事では依頼者様の抱える問題を解決することはできません。大手にはないフレキシビリティ(柔軟性)を重視し、イレギュラーにも柔軟に対応することで業界でも屈指の解決力を誇っています。

 
4.徹底した充実サポート

       

ストーカーや嫌がらせ行為に強い弁護士事務所と連携して解決し、刑事告訴や慰謝料請求をお考えの方にも万全のサポートも行っております。又、加害者と直接協議をさせていただき、ストーカー行為をやめさせる事も可能です。弁護士事務所のお探しサポートも行っております。

 


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

ネットトラブルの無料相談はこちら

ネットトラブル被害者の皆様へ

ストーカー・嫌がらせ被害対策室では、ネットトラブルについて調査で終わらせることなく、再発を防ぐための対応までサポートしております。ネットトラブルでお悩みの方は、必ず当対策室へご相談ください。

 

電話無料相談の利用方法

 

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
※加害者の心当たりなど

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

ゲーム実況を閲覧している視聴者によるストーカー・集団いやがらせ被害の実態とは

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190