• ホーム
  • ニュース
  • ガスライティングの目的│ガスライティングの被害事例と解決方法

ガスライティングの目的│ガスライティングの被害事例と解決方法

ガスライティング被害対策

 
【ガスライティングとは】
ガスライティングとは「心理的虐待」と言われる嫌がらせの手口で、被害者が違和感を覚えるハプニングを意図的に発生させ、精神的に混乱させるよう促します。ガスライティングによって何度も繰り返し誤った情報を刷り込まれることで、被害者はやがて自信を喪失し追い詰められてしまいます。同じようなお悩みやご不安をお持ちの方、調査や解決方法をお知りになりたい方は、我慢などせず少しでも早く専門家に相談することをおすすめします。
被害相談ダイヤル(年中無休・24時間受付)

ガスライティングの詳しい解説|被害事例と解決方法

ガスライティングとは

ガスライティングとは

 

「ガスライティング」の解説

“ガスライティング”(gaslighting)という言葉は「ガス燈」という演劇が由来で、演劇のストーリーでは悪意ある夫が妻しか気づかないような些細な出来事を起こします。すると妻がそれらの違和感に気づいて指摘するのですが、夫や周囲の人たちは何事もなかったように装って、妻の勘違いか思い過ごしだと決めつける。それを何度も繰り返すことで、妻や周囲に対して「正気を失ってしまった(狂った)」信じ込ませるのです。

 
このようにウソ(誤報)とハプニング(偽情報)を巧みに繰り返し利用して、相手の現実感覚を狂わせて、正気を失った(狂った)と本人や周囲の人物らに信じ込ませる“マインドコントロール”と言われています。

 
カルト宗教や独裁国家などが信者や反政府的な国民を服従させるため用いてきた心理的手法と結びつけられるようになり、現在では、人を服従・破滅させるためにガスライティングを使う企業や個人も数多く存在しているとの説もあるようです。この「ガスライティング」という用語は、臨床および学術研究論文でも使われています。

 

ガスライティング事件簿

ガスライティングでは「テレビのリモコンを動かす」「エアコンの設定温度を変える」など、一見偶然に思えるような嫌がらせを行い、被害者が自分の感覚や記憶を疑うよう仕向けます。さらにその違和感について大袈裟に否定してみせることで、被害者はますます混乱していきます。

 
ガスライティングは家族や同僚、近隣住人など様々な人が加害者になりえます。宗教団体が洗脳・マインドコントロールの手法として用いることもあるようです。最近ではイギリスの人気リアリティ番組での演出として、出演者にガスライティングを行ったことが発覚し、テレビ局が謝罪に追い込まれるという出来事もあったようです。ガスライティングはすでに欧米では深刻な心理的虐待行為として認知されているとのことです。

 
ガスライティングは明らかに法律に抵触する行為をしてこないという点が特徴です。例えば、財布を盗んだり、車や家財を壊すなどの行為は窃盗罪や器物損壊などに問われます。また被害者に直接暴力をふるうことも少ないようです。このように被害として証明しにくい嫌がらせを受け続けるうち、被害者は疑心暗鬼になり、偶発的に起きることまで自分に対する嫌がらせと感じるようになるようです。それこそがガスライティングの狙いであると言われています。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

ガスライティングの手口を紹介

ガスライティング|繰り返しの暗示

被害者が生活を送るいたる所で、時間を問わず、まるで暗示にかけるかのように、何度も繰り返し被害者を混乱させたり、自信を喪失させて追い詰めていきます。

 
「私が見たもの・感じたことは気のせいだったのか」と思うようなことが何度も起きるとすれば、注意が必要かもしれません。

 
何度も「感覚を誤っている」「判断は間違っている」という意識を植えつけられるため、自己判断が鈍り、理解者の協力がないと暗示にかけられた状態からなかなか抜け出せないのが「ガスライティング」の恐ろしさです。

ガスライティングの様々な手口

  • 庭の植木や置物が微妙に移動している。
  • テレビやエアコンのリモコンが動かされている。
  • 冷蔵庫の中に身に覚えのない食品が入っている。
  • PCの設定(壁紙・マウス速度)が変更されている。
  • 自動車やバイクのガソリンが増えている。
  • 外で見知らぬ人が自分のことを監視している。
  • ゾロ目ナンバーの車を頻繁に見かける。

 

ご自分の被害にも当てはまる場合は、今すぐご相談下さい。

かなり深刻なケース

  • 思考や意思が支配されている気がする。
  • 体を勝手に動かされてしまう気がする。
  • 自分の考えや判断を一切否定される。
  • 精神疾患を疑われるようになった。
  • 人格や精神が崩壊する寸前である。

 

早急に対策が必要なケース

  • 近隣住人や不特定の人たちから監視されているようだ。
  • 外でも至る所で被害を受けていると感じる。
  • 個人情報や自分しか知らない情報をほのめかされる。
  • 自分だけでは解決することが難しいと感じる。
  • 弁護士や警察からは証拠が必要だと言われた。

 

ガスライティングの兆候について

「私の被害妄想かもしれませんが…」と断ったうえで被害について明かす方も少なくありません。ガスライティングの被害は証明しずらく、実際に被害に遭っている人にしか分からないような嫌がらせ行為のため、自分の感覚を疑っている疑心暗鬼の状態のまま、我慢し続けてしまうケースも多いようです。

 
被害者が違和感を持つよう様々な仕掛けとして、被害者の車や自転車の空気を抜くことで違和感を与えることもありますし、前後を逆にして置き換えたり、不特定多数に監視されていると認識させる「つきまとい」、個人情報が筒抜けになっているのではないかと不安がらせる「ほのめかし(仄めかし)」などもガスライティングの兆候と言えるでしょう。

 
ガスライティング相談ダイヤル


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

ガスライティングの目的とは

 

ガスライティングの目的は『被害者の破滅・自滅』

被害者を確実に破滅・自滅させる手口、それが「ガスライティング」なのです。

 
被害者の思考、意思、精神、身体の全てを支配して、被害者の人生を破壊して、奪っていきます。

 
例としては、生きる気力を奪い、人生に失望させ被害者を自殺に追い込んだり、精神崩壊を促して精神疾患者とさせたり、仕事を継続させられないよう仕向けて社会に適応できない状態にさせたり、被害者の家族・パートナーとの関係を崩壊させた利、傷害事件や殺人事件を引き起こさせたりするものまであり、被害者を確実に「破滅・自滅」へ導いていきます。

 

ガスライティングによる『破滅・自滅』のケース

  • 人間(家族、友人、職場)関係が崩壊する
  • 完全に孤立してしてしまう
  • 就労妨害、就職妨害、辞職、退職、廃業に追いやられる
  • 精神崩壊、精神疾患を疑われる
  • 強制的に入院させられる
  • 自傷行為、自殺
  • 交通事故、事件を起こしてしまう

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ガスライティング被害の解決方法

ガスライティング証拠
※書面と画像をセットで調査報告書としてお渡しすることもあります。

 

証拠の収集

ガスライティング被害を解決するうえで必要なことは、現在受けている被害の証拠(ガスライティング及び嫌がらせ行為が繰り返されていることを証明する証拠)を集めることです。とはいえ、被害者自身で証拠を取ることは難しいため、専門家に証拠収集を依頼することが近道と言えます。当対策室ではガスライティング被害を解決するために必要な証拠収集を行っております。

 

犯人の特定

ガスライティングを解決するには「犯人の特定」も欠かせません。事件の解決を警察にゆだねるにしても事前に犯人が誰かを証明できる証拠の準備が必要です。しかし、自分で犯人を特定しようとした場合、調査が露呈したり、犯人と直接対峙する恐れもあり、直接危害を加えられることも考えられます。犯人に心当たりがあっても、その人物が実行している証拠がない限り、追及したり処罰を求めることはできません。

 

被害届・刑事告訴

ガスライティング被害を証明できる証拠をそろえたのち、「刑事告訴」という手段を用いた解決方法や犯人(加害者)に対する法的対処においてもサポートしております。刑事告訴の方法は、警察署に書面または口頭で行なうことになっています(刑事訴訟法241条1項)が、犯罪の事実や被害の内容、そして犯人(加害者)についての情報などの詳細に関する説明が必要となりますので、警察署においても書面による告訴を求められることが多くあります。そのためガスライティングに関する告訴状については、実際に被害があった場所(証拠が取得できた場所)を管轄する警察署に対して提出をします。

 

調査・対策の専門家を利用する

当対策室では、証拠取得後に弁護士や警察を活用した解決方法として被害届や刑事告訴という手段を用いるなどして、ガスライティング被害を解決することを目的とした調査・対策業務を行って、被害を食い止め、解決し、再発を防ぐためのサポートをしております。

 
ガスライティング対策に特化した専門家が実施する対策の流れをご案内します。

 
ガスライティング対策1
<探偵調査:証拠収集と犯人特定>

  • ガスライティング被害の事実確認(実態調査)
  •  

  • つきまとい行為、監視行為の証拠収集と犯人特定
  •  

  • 待ち伏せ、みだりにうろつく行為、監視行為等の証拠収集と犯人特定
  •  

  • 調査機材を用いた調査(盗聴器・盗撮器調査、電磁波測定)

 
ガスライティング対策2
<弁護士:法的措置(刑事事件)のサポート>

  • ストーカーの逮捕、刑事処罰サポート
  •  

  • 被害届、刑事告訴サポート
  •  

  • 警察相談、警察対応サポート

 
ガスライティング対策3
<弁護士:法的措置(民事事件)のサポート>

  • 損賠賠償請求サポート
  •  

  • 慰謝料請求サポート
  •  

  • 示談・協議・交渉サポート

 

ガスライティング対策の専門家
私たちの強み

 
ガスライティング解決


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

ガスライティングの無料相談はこちら

電話無料相談の利用方法

ストーカー被害相談ダイヤル

 

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
※犯人についての心当たりなど

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

 

無料相談フォームの利用方法


無料相談フォーム

無料相談をご利用になる皆様へ

一人で悩みを抱えずに、つらいときは助けを求めることも必要です。周りに相談できる人がいない場合や自分での解決が困難だと感じたら、一人で悩まず、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

※お急ぎの場合は電話でも予約可能です。
【通話無料・24時間対応】:0120-130-190

 

お名前(匿名でも可)
性別 男性
女性 
お住まい地域※必須
ご連絡先(固定電話・携帯)※必須
メールアドレス※必須
相談内容※必須 被害相談 対策依頼 料金見積もり
面談希望 希望する 希望しない
面談希望日1
面談希望日2
現在の被害状況※必須
ご要望・ご質問※必須

 


電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

ガスライティングの目的│ガスライティングの被害事例と解決方法

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190