• ホーム
  • ニュース
  • 障害を持つ息子が学校でいじめられている│いじめ被害対策

障害を持つ息子が学校でいじめられている│いじめ被害対策

いじめ被害対策
 
【障害を持つ息子がいじめを受けている】
子さんの学校でのいじめについて多くのご相談をいただいています。特に障害を持つお子さんは、クラスメイトと上手に交流することができず、いじめの標的になってしまいがちです。いじめを放置すると、被害者であるお子さんは次第に精神を蝕まれ、場合によっては自殺につながることもあります。専門家の調査によりいじめの実態を明らかにすることが重要です。当対策室では無料相談を年中無休で承っておりますので、フリーダイヤルからお気軽にお問い合わせください。

障害を持つ息子のいじめを解決した母親の体験談

いじめ調査を依頼した経緯

障害を持つ息子のいじめ
 

障害を持つ息子が学校でいじめられている

うちの息子は10歳の時に自閉症スペクトラムと診断されました。担任の先生から「忘れ物が多い」「宿題をやってこない」といった指摘を受けることもしばしばで、親として子育てに悩むことも多かったのですが、いざそういった診断が下されると非常に複雑な気持ちになったことは事実です。
 
しかし、お医者さんからは「障害を個性と捉えて息子さんのいいところを伸ばしてあげましょう」という温かい言葉をいただきましたし、よそのお子さんと比較するのではなく、彼らしく育ってくれればいいと考えていました。学校の勉強などはむしろ得意であり、近代五輪の金メダリストを全員暗記するほどの記憶力もあったので、力を発揮できる環境さえ整えてあげれば問題はないだろうという気持ちもありました。
 
ところが小6になった頃から、息子は学校に行きたがらなくなり、家でも物に当たるなどの問題行動が見られるようになりました。幼少期から癇癪を起こすことはありましたが、当時すでに息子は私の身長を超えており、暴れる彼をなだめるのは至難の業でした。それでも夫の協力を仰ぎながら辛抱強く事情を聞くと、クラスメイトからいじめられていることを明かしてくれました。
 
いじめの内容はかなり凄惨なもので、クラスメイトの何人かは息子が大切にしていたリオ五輪の記念キーホルダーをトイレの便器に放り込み、それを拾いに個室に入った息子を閉じ込めたりしたようです。息子は興味の範囲が狭い代わりに、興味を持つことには強く執着する性格なので、大好きな五輪グッズをぞんざいに扱われた精神的苦痛たるや、想像するに余りあります。
 
息子は臨機応変な対人関係を築くことが不得手であり、それがクラスメイトからは奇異に映ることは想像できます。しかし、だからと言っていじめが許されるわけではありませんし、何とか彼を助けてあげる方法がないかと思案する毎日です。担任の先生とは密に連絡を取り合い、親身に対応してくれていますが、残念ながらいじめの根本的な解決にはつながっていません。
 
何かいい対処法がないかと調べていると、こちらの対策室さんのホームページと出会いました。いじめ問題が解決した親御さんの体験談を拝読し、私たちも救ってもらいたいとの思いを強くしたため、実際に相談させていただくことにしました。

 

1つでも当てはまったら要注意!いじめチェックポイント

  • 学校に行きたがらない
  • 買ってあげた物をすぐに失くす
  • 服やランドセルなどを汚して帰ってくる
  • 学校や友達の様子を聞いてもはぐらかす
  • 口数が減り、食欲もないようだ

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

いじめ調査を依頼した結果

調査員さんが登下校の様子を追ってくださりました

お貸しいただいた専用のレコーダーを息子に持たせ、学校でのいじめについて証拠を収集していきました。併せて、調査員さんが登下校時の様子を追ってくださり、いじめの存在を裏付ける証拠はどんどん集まりました。対策室さんはそれらの証拠を報告書にまとめてくださりました。

 

 

息子のいじめは無事に解決しました

担当者さんからのアドバイスを参考に、報告書を学校に提出することにしました。子供が障害を持っているからと言って殊更権利を主張するつもりはありませんが、いじめを放置するのはネグレクトのようなものと考えます。いじめの専門家である対策室さんに相談して、本当によかったと思っております。

 
いじめの相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

いじめ問題の正しい解決方法

いじめ問題は早期の対応が肝心

お子さんの学校でのいじめについて多くのご相談をいただいています。特に障害を持つお子さんは、クラスメイトと上手に交流することができず、いじめの標的になってしまいがちです。
 
いじめを放置すると、被害者であるお子さんは次第に精神を蝕まれ、ひどいケースでは自殺につながるケースもあります。また、学校や教育委員会もいじめの存在を認めるのに消極的なことが多いため、専門家の調査によりいじめの実態を明らかにすることが重要です。

 
あなたの街の対策室にはいじめ問題に詳しい専門家が在籍しており、「証拠収集」「加害者の特定」を通じ、いじめが「解決」するまで全力でサポートいたします。

 

証拠を取る

いじめは非常に繊細な問題であり、学校や教育委員会に相談しても取り合ってもらえないことも多いようです。当対策室では現在受けているいじめの証拠を音声・写真・映像などに収め「いじめが起きている」ことをはっきりさせます。

 

加害者を特定する

いじめの加害者については察しがついていたとしても、その人物が実際にいじめを行っている事実を特定しない限り、追及したり処罰したりすることはできません。当対策室では、法的措置などをとる際に不可欠な加害者の身元情報(名前・住所・両親など)を調査します。

 
いじめの調査報告書
 

調査の終了後は文章および画像でまとめられた冊子を作成し、調査報告書として依頼者様にお渡しします。これらの資料(報告書)は公的な証拠として認定されており、いじめの加害者・学校などを相手に法的措置をとるため使用することもできます。
 
そのほか依頼者様の希望に寄り添った解決策をご提案いたしますので、まずはお気軽に無料相談でお話をお聞かせください。

 
いじめ解決


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

いじめ調査の具体的方法

いじめ被害対策
 

お子さんの見守り調査

保護者の方が一日中お子さんの行動を見守るのは現実的ではないでしょう。保護者に代わってお子さんの様子を見守り、張り込みや尾行によっていじめの有無を確認します。

 

加害者の行動調査

子供のいじめは年々悪質化・巧妙化しており、人目に付きづらいところで行われることも珍しくありません。また、一見いじめをするように見えない「成績優秀・スポーツ万能」な生徒がいじめの加害者になっていることも多く、周囲がいじめに気付かない要因となっています。
 
そうしたケースに備え、いじめ加害者の行動を調査し、いじめを行っている証拠をつかむことが重要です。

 

加害者の家族調査

子供のいじめ問題で加害者に損害賠償を請求する場合、加害者の親(保護者)が責任を取る必要があります。民事訴訟において重要となるのは「加害者の親はいじめの事実を把握していたか」です。
 
加害者の親の行動調査により「子供がいじめていることを知りながら何もしていない」ことが判明した場合、慰謝料を取れる可能性が高まります。

 

教職員の行動調査

学校内でのいじめの場合、最も敏感に察知すべきは担任をはじめとした教職員です。確かに近年は子供のいじめでLINEが使われるなど、教師が気付きづらい環境になっているのは事実ですが、それでもいじめが行われている雰囲気は感じ取れるものです。
 
特に、教職員の行動調査により「いじめの相談に応じなかった」「教師もいじめに加担していた」などの事実が判明した場合、学校内での安全配慮義務違反で訴えることができる可能性があります。

 

■専門家の一言アドバイス
お子さんは「恥ずかしい」「かっこ悪い」といった理由から、いじめを受けていることを親御さんに隠したがる傾向にあります。また、教師や教育委員会も事なかれの対応をすることもしばしばです。いじめの発覚が遅れ、お子さんが取り返しのつかない行動を起こす前に、一刻も早く専門家のアドバイスを仰ぐことが重要です。

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

いじめ問題の無料相談はこちら

お子さんのいじめ調査を希望する方々へ

当対策室では、いじめ被害を確実に解決し、再発を防ぐところまで対応しております。お子さんのいじめでお悩みの方は必ず当対策室へご相談ください。

 

電話無料相談の利用方法

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
※なぜいじめを疑っているか?など

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

障害を持つ息子が学校でいじめられている│いじめ被害対策

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190