• ホーム
  • ニュース
  • 子供のいじめ・非行|子供のいじめ・非行でお悩みのご家族へ

子供のいじめ・非行|子供のいじめ・非行でお悩みのご家族へ

子供のいじめ・非行
いじめによる被害や非行によって生活や将来に深刻な影響が生じる可能性があります。ここではいじめや非行の相談事例と対処法について詳しく解説しています。お子様のいじめ問題・非行でお悩みのご家族の方は必ずご覧ください。子供のいじめや非行について保護者の皆さまからお困りごとの相談に24時間対応しています。

子供のいじめ・非行でお悩みのご家族へ

子供のいじめ・非行に気づいたら

子供のいじめ・非行

 

子供特有の精神の不安定さ

子供の精神状態はとても不安定です。 勉強・友人関係・部活動・異性関係・大人への不信感・漠然とした将来への不安・親子関係など様々な理由で、その均衡が崩れます。
 
特に夏季・冬季休暇中のお子さん、そして受験前の子供は精神的に追い詰められ、不安定になりがちです。 そういった際に起こりやすいのが「いじめ」や「非行」の問題です。
 
被害者となることもありますが、もちろん加害者になることもあります。

 

子供のサインを見逃さないように

「うちの子に限って」「家ではよく会話しているし」などと思っていても、子供は親の知らない場所でそういった行為に及んでいる可能性があるのです。
 
そういった事態にならないように気をつけるのは前提ですが、もしそういった事が起きたとき、親としてどうしなければならないのか、今一度しっかりと考えなくてはなりません。

 
子供のいじめ・非行相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

子供がいじめ被害者になったら

子供がいじめ被害者になったら
 

子供にもプライドや親を心配させたくないという気持ちを持っています。
子供がいじめの被害者になったら、親として感情が爆発するのはわかります。 ただ、子供にとっての最善を考えなくてはなりません。 まず子供が置かれている状況を正確に把握し、その上で冷静に判断することが大切です。

 

いじめを解決するために必要なもの

そのために必要なのは

  • いじめ・非行実態の把握
  • 証言者の確保
  • 信頼できる人間との情報の共有

となります。

 

学校への相談

今日の学校現場では、いじめ問題に関してしっかりと研修や指導が行われているので、ある程度の信用は置けるかもしれません。 ただ、それでもいじめの隠蔽などがニュースで取り沙汰されている現状から慎重にならざるを得ず、証明できる事実に基づいた相談が求められます。

 

加害者側への接触

特にいじめ問題の場合、相手方(加害者児童)の保護者との話し合いを求めるにしても、やった・やってないの水掛け論になりがちなので、しっかりとした証言・証拠が必要となります。 そして感情的にならない事が重要です。
 
感情的に応対してしまうと、相手方も自身の子供を守るために感情的になり、事態の収集が困難になりがちです。

 

解決する上で一番大事なことは

子供の心身のケアが最も重要になります。 子供の話や希望をよく聞き、無理をさせないことが一番です。
 
事態の深刻さにもよりますが、警察や弁護士などの介入も視野に入れる必要があります。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

子供がいじめ加害者だったら

子供がいじめ加害者だったら
 

「受験に響く」「評判が悪くなる」などという表面的な部分ではなく、子供の人間性を正しい方向に導くためにも、事態が深刻化する前に早い段階での対処が重要となります。
 
いじめの加害者児童に対しては、一方的に報いを受けるような話をするのではなく、まずは被害者の心の傷や家族が負った不安や怒りといった感情を理解するよう説明することが大切です。

 
そのうえで人を傷つけるということ、の代償(ペナルティ)をしっかりと示す必要があります。
 
いじめの加害者児童に対して、適切な対応を取らずにいると、将来その子自身も社会になじめず、場合によっては復帰が困難になる可能性もあります。

 

言いがかりをつけられたら

また逆に、いじめ加害者だといいがかりをつけられているのであれば、いじめの事実が無いことをきちんと証明し、子供を守るために動かなくてはなりません。 そのためにも、冷静な対処が必要なのです。

 

いじめ加害者の保護者として

可能であれば、いじめの被害者側が動き出す前に、自発的に対処しなくてはなりません。 子供に反省を促し、また親として責任をきちんと取ることが、結果的には問題を最小限に食い留める唯一の方法なのです。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

子供が非行に走ったら

子供が非行に走ったら
 

禁じられた場所への出入り、深夜の俳諧、喫煙、万引き、暴行、恐喝、不純異性交遊、無免許運転、暴走行為など非行には様々な種類がありますが、重要なのは非行の悪さの度合いではなく、「悪」に惹かれてしまう子供の環境なのです。
 
今の時代は親や学校にバレないようにするという知識を子供が簡単に共有できてしまいます。

 

冤罪をかけられないためにも

子供自身が犯罪行為に加担していなくても、そういった集まりと関わっていれば、そういった事件に巻き込まれてしまう可能性が高まります。

 
事件やトラブルに巻き込まれ、警察沙汰となり冤罪の被害にあってしまっては大変です。 そうなる前に子供の現在の生活の様子や取り巻く環状をしっかりと把握して対処することが大切です。

 

犯罪の被害者にならない為に

「悪」に引き寄せられるこどもたちは本当に悪い大人の食い物にされます。

 
犯罪行為を行わせないという道義的な責任や、メンタルのケアはもちろん前提ですが、そういった深刻な事態になる前に、子供が置かれている環境をしっかりと調査した上で、適切な対処を行わなくてはなりません。

 
子供のいじめ・非行対策


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

子供のいじめ・非行に気づいたら

「問い詰める」ことで適切ではありません。
気持ちはわかりますが、感情的になってしまえば、それだけ子供の感情のやりどころがなくなってしまいます。
 
まずは今の子供の置かれている状況や、周りの環境をしっかりと把握することです。 それから話し合いをしないと、子供にとっては「いつまでも何もわかっていない親」と思われてしまい、本心を明かしてはくれません。

 
ストーカー・嫌がらせ被害対策室では、子供のいじめ・非行問題に関する相談をお受けしています。 どんなに些細なことでも、子供の「サイン」に気づいたら、すぐにご相談ください。
 
問題解決の第一歩として、当被害対策室にご相談ください。


電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

子供のいじめ・非行|子供のいじめ・非行でお悩みのご家族へ

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190