• ホーム
  • ニュース
  • 「インスタグラムのアンチが自宅に押し掛けてきた」ストーカー・集団いやがらせ被害事例

「インスタグラムのアンチが自宅に押し掛けてきた」ストーカー・集団いやがらせ被害事例

ストーカー・集団嫌がらせ被害対策
 
【インスタのアンチによるストーカー・集団いやがらせ被害】
ストーカーや集団でのいやがらせ行為は被害者に恋愛感情を持った人物が加害者になることが多いのですが、中には加害者(特定・不特定多数を問わず)が憎しみの感情を抱いて嫌がらせする目的で付きまとい等が行われる事例もあります。そのようなケースではさらに被害が深刻な状況に至るリスクが高いため、被害に気付いたら速やかに警察や専門家に相談されることをおすすめします。一人で悩みを抱えずに、まずはお気軽にご相談ください。
 

ストーカー・嫌がらせ被害対策室0120-130-190(24時間・年中無休)

インスタストーカー・集団いやがらせ被害体験談

ストーカー・集団いやがらせ被害の相談事例

インスタのアンチによるストーカー
 

インスタで複数人のアンチにストーカー・集団いやがらせを受けています

【被害の相談をした20代女性の体験談】
 
私は趣味でインスタグラムをやっています。プライベートで何かする時は必ずインスタにご飯や風景、自分の写真などを投稿しており、その投稿に関しての閲覧者からのコメントなどを毎回楽しみにしています。
 
ただ、既存の投稿だけでは新鮮味がなかったようで、「いいね」やフォロワーの数はあまり増えませんでした。そこで趣味の釣りやコスプレの画像を上げてみたところ見事にバズり、ちょっとしたインフルエンサーを名乗れるくらいにまでなりました。
 
しかしフォロワーが増えるにつれ、コメントやDMで誹謗中傷されることが増えました。コスプレの自撮りを上げれば「ブス」「○○に似てない」「クオリティーが低い」などといったコメントがきます。今のところアンチコメントの割合はそんなに多くないのですが、私の性格的に99人に褒められても1人に貶されれば落ち込んでしまう性格なので、インスタを開くのも嫌になってきています。

 

近所の画像が投稿…自宅がバレているかも…

アンチコメントのアカウントをよく見ていると、名前の文字列に規則性があり、複垢でコメントを送ってきていることが分かりました。そこまで私を憎むのがどんな人物なのか気になり、投稿されている画像を見ると、明らかに私の近所で撮影していることに気付きました。私が写った画像はありませんでしたが、愛犬の画像はあったので間違いありません。
 
これまで私は自宅がバレないように細心の注意を払ってきたつもりなのですが、どうやって住所などを突き止められたのか、見当が付きません。複数の顔見知りがアンチをやっている可能性もありそうですが、特に誰かに恨まれたりはしていないと思います。

 

犯人が誰なのか特定してやめさせたい…

このままでは自分の住所がネットに公開されてしまいそうで怖いです。同居する彼氏にも迷惑がかかりますし、私自身、誰かに危害を加えられるのではないかと本気で恐れています。本当はインスタをやめたらいいのかもしれませんが、フォロワー数がそれなりに多いので、それはできれば避けたいです。
 
まずは犯人が誰なのか特定していただき、その後、警察に突き出したいと思っています。ストーカー調査に対応していただけないでしょうか?

 

1つでも当てはまったら要注意!ストーカー・集団いやがらせ被害チェックポイント

  • 外出中など複数の不審者から妙な視線を感じる。
  • どこに行っても誰かにつきまとわれている気がする。
  • 自宅や職場付近で不審車両を見かけるようになった。
  • 常に誰かに監視されているような気がする。

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

ストーカー・集団嫌がらせを自分で解決することが困難な理由とは

ストーカー・集団嫌がらせの手口

ストーカー行為は被害者に対して執拗につきまとったり、電話やSNSなどを使って一方的に連絡してくるなどして、生活や仕事だけでなく精神的にもダメージを与える行為です。ストーカー・集団嫌がらせは主に複数で精神的な嫌がらせを繰り返すことで、複数の加担者で異常な世界を作り上げるように仕向けるといった手法で行われるとされています。
 
その手法に影響されてしまうと普段気にしなかったようなことも、徐々に不信感を抱くようになり、家族や友人ですら拒絶しだし、偶発的に起きたことまで被害と思い込んでしまうような世界感に引き込まれてしまうのです。
 
そのためこのような被害の大部分は「洗脳工作(マインドコントロール)」とも言われたり、「気のせいや勘違い」と判断されることもあるようです。大掛かりな被害を受けてしまい証拠を取ることや加害者を特定することはできないと思い込まされてしまう可能性もあるようです。

 

ストーカー規制法における「ストーカー行為」とは

被害者対する恋愛感情や好意の感情又はその感情が満たされなかったことへの怨みの感情を満たす目的で、被害者や被害者の家族に、つきまとい等を繰り返す行為をいいます。

 
<つきまとい等の8つのパターン>

被害者が拒否の意思を示したにも関わらず、これらの行為を続けた場合には「ストーカー」とみなされます。

  • 行動監視をしていると告げる行為
  • つきまとい・待ち伏せ・押しかけ・うろつき等
  • 面会・交際等の要求
  • 著しく粗野・乱暴な言動
  • 無言電話、拒否後の連続電話、ファクシミリ、電子メール・メッセージの送信等
  • 汚物などの送付
  • 名誉を傷つける事項の告知
  • 性的羞恥心を害する事項の告知

 

ストーカー・集団嫌がらせ被害の解決には、
「証拠取得」と「加害者特定」が必要不可欠です。

 

証拠取得

ストーカー被害を解決するうえで必要なことは、現在受けている被害の証拠を集めることです。とはいえ、被害者自身で証拠を取ることは難しいため、専門家に証拠収集を依頼することが近道と言えます。当対策室ではストーカーを解決するために必要な証拠収集を実施しています。

 

加害者特定

ストーカー被害を解決するうえでもう1つ大切なことは、加害者を特定することです。加害者に心当たりがあっても、その人物が実行している証拠がない限り、追及したり処罰したりすることはできません。当対策室では加害者を特定する調査も行っています。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

ストーカー・集団いやがらせ被害を専門家に依頼するワケとは

警察が積極的に捜査できないケース

  • ストーカーの加害者が特定できていない。
  • ストーカーの証拠が十分に揃っていない。
  • 凶悪事件、重大案件と判断されなかった。

 

民間の対策機関に依頼するメリット

  • 事件性の有無に関わらず調査可能
  • 警察に提出する証拠(加害者特定含む)が取れる。
  • 民事訴訟を行う際に弁護士との連携が取れる。
  • 解決までプロセスが明確である。

 

■専門家のひと言
警察では「警告」や「接近禁止命令」を出すことができますが、加害者がはっきりしないケースでは対応が難しくなってしまいます。一方、民間のストーカー対策機関では証拠収集や犯人特定など、警察が動くために必要な証拠や情報収集を行います。つまり警察とストーカー・嫌がらせ対策機関は相互補完的な関係と言えるでしょう。

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

解決へのプロセス&当対策室が選ばれる4つの理由

専門家が行うストーカー・集団嫌がらせ対策

ストーカー・集団嫌がらせ対策に特化した専門家が実施する、解決までの対策内容です。

 
ストーカー・集団嫌がらせ対策1
♦【探偵】証拠収集と犯人特定

  • ストーカー被害の証拠収集と犯人特定
  •  

  • 監視・付きまといの証拠収集と犯人特定
  •  

  • 待ち伏せ・仄めかし等の証拠収集と犯人特定
  •  

  • 盗聴器・盗撮器発見など

 
ストーカー・集団嫌がらせ対策2
♦【弁護士】法的措置(刑事事件)のサポート

  • ストーカー被害相談、逮捕、刑事処罰サポート
  •  

  • 刑事告訴サポート
  •  

  • 被害届、警察相談、警察対応サポート

 
集団でのストーカー対策3
♦【弁護士】法的措置(民事事件)のサポート

  • ストーカーに対する慰謝料請求サポート
  •  

  • 示談・協議・交渉サポート

 

■専門家の一言アドバイス
ストーカー対策を標榜する探偵でも証拠収集しか対応していない業者も存在します。しかし、いくら証拠を得ても然るべき手順を踏まなければ、根本からの解決は望めません。調査能力はもちろん、その後の問題解決や法的措置にまで対応している専門機関を選択することが重要です。

 

ストーカー・嫌がらせ被害対策室の4つの強み

 
1.経験に裏打ちされた調査能力

当被害対策室では、これまで多くのストーカー調査対策を行ってきました。尾行・張り込みに加え、専門機材を駆使した最新技術を用いた調査にも対応しています。また、ストーカー調査や対策は地域の制限がなく全国で対応していることも大きな強みと言えます。

 
2.圧倒的な提案能力

私たちは「聞く力」「伝える力」「感じる力」を日々研鑽しています。そういった経験を生かすことで、依頼者様の意図を正確に汲み取り、ご要望や目的を共有して適切な解決プランを提案し、依頼者様に納得していただけるプロセスで問題を解決いたします。

 
3.大手にはないフレキシビリティ

現場は常に不測の事態と隣り合わせです。杓子定規の仕事では依頼者様の抱える問題を解決することはできません。大手にはないフレキシビリティ(柔軟性)を重視し、イレギュラーにも柔軟に対応することで業界でも屈指の解決力を誇っています。

 
4.徹底した充実サポート

       

ストーカーに強い弁護士事務所と連携して解決し、刑事告訴や慰謝料請求をお考えの方にも万全のサポートも行っております。又、加害者と直接協議をさせていただき、ストーカー行為をやめさせる事も可能です。弁護士事務所のお探しサポートも行っております。

 


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

ストーカー被害の無料相談はこちら

無料相談をご利用になる皆様へ

被害状況、調査費用の見積もり、そのほか調査依頼に関する疑問等は電話や投稿フォームにてお承りいたします。
 
1人で悩んで解決しないことでも、誰かに相談すれば簡単に解決することはあります。まずは我々専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

 

電話無料相談の利用方法

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
※犯人の心当たりなど

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします

 
 

無料相談フォームの利用方法


無料相談フォーム

無料相談をご利用になる皆様へ

一人で悩みを抱えずに、つらいときは助けを求めることも必要です。周りに相談できる人がいない場合や自分での解決が困難だと感じたら、一人で悩まず、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

※お急ぎの場合は電話でも予約可能です。
【通話無料・24時間対応】:0120-130-190

 

お名前(匿名でも可)
性別 男性
女性 
ご連絡先(固定電話・携帯)※必須
メールアドレス※必須
相談内容※必須 被害相談 対策依頼 料金見積もり
面談希望 希望する 希望しない
面談希望日1
面談希望日2
現在の被害状況※必須
ご要望・ご質問※必須

 


電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

「インスタグラムのアンチが自宅に押し掛けてきた」ストーカー・集団いやがらせ被害事例

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190