いじめに気づいたら|親の対応といじめ対策

いじめ対策
いじめによる被害に気づいた場合、被害児童の親の介入がとても重要になってきます。ここではいじめを解決する方法、加害者へのペナルティ、加害者に責任を取らせる方法など、いじめ対策について詳しく解説しています。お子様のいじめ問題でお悩みの保護者の皆さまからお困りごとの相談に24時間対応しています。

子供のいじめ対策ガイド

いじめでお悩みの保護者の方へ

いじめを解決するには

いじめ問題を解決するためには、子供の年齢や性格を問わず、親の介入が必須の時代になっています。

 
まずは子供の居場所を確保してやり、メンタルのケアをしてあげることが大切です。
子供が一人で我慢して耐えてきたこと、それによって心に深い傷を負ってしまったことを知ったとき、家族の宝物を傷つけた相手や保護者に対して謝罪を求めたり、報いを受けさせたいと考えるのは当然かと思います。

 
まずはいじめ問題を解決するには、いじめ解決の手順を知っておく必要があります。
また相手方に非を認めさせたり、きちんと責任を取らせるためにも、証拠などを準備する必要もあります。

 
いじめでお悩みの保護者の方へ


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

いじめ加害者に対してのペナルティ

言葉の暴力や身体への暴力、物を壊す、無視、SNSを用いた名誉毀損など、いじめの種類は多岐にわたります。 いじめの実態を客観的な証拠として記録することで、合法的に加害者側に責任を追求することが可能です。
 
いじめの実態を記録した資料(証拠)があれば、加害者及び学校側に対しても有利に話し合いが進みます。
 
<いじめ加害者に対するペナルティ>

  • 部活動の停止
  • 停学・退学
  • 進学の取り下げ
  • 引っ越し
  • 前科・前歴
  • 損害賠償請求

 
加害者の子供だけではなく、その保護者や学校に対して監督責任を追求することも当然考えなくてはなりません。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

いじめ加害者に責任を取らせる方法

加害者と学校の結託に注意が必要です

いじめ加害者に責任を取らせるために重要なのは、子供のいじめ被害の実態を正確に把握することです。

 
ただし、学校側に調査を依頼することは適切でない場合があります。 学校側は評判や経営に対する悪影響を恐れるため、都合の良い調査結果を出すことが少なくありません。

 
つまり、学校側は加害者と結託して「いじめを認めようとしない」ケースがほとんどなのです。

 

専門家による証拠・証言集め

暴力に関しては医療機関の診察を受けた上で診断書を確保しましょう。
それ以外で、いじめの実態を証拠として押さえるためには「専門家の協力」が必要となります。

 
いじめがどの程度の期間にわたって、誰によって、どのような場所や環境で、どんな内容のいじめが行われてきたか、を客観的に証明できる証拠が必ず必要になります。

 
当被害対策室では、いじめ問題を解決する上で必要となる「客観的で裁判でも使える」を質の高い証拠収集を行っております。

 

相談先の選定

学校に対してもそうですが、教育委員会、警察や弁護士など、目的に沿った相談先を選ぶ必要があります。 また、親同士の繋がりも無視できません。 相談のタイミングや、証拠・証言の内容によっては、望む結果を求められないこともあるので、慎重な判断が必要となります。

 

根回し

重要なのは、最終的な落とし所を事前に想定しておくことが大切です。 無制限に相手に対して攻撃を行っても、事態が泥沼化するばかりか、被害者としての立場を揺るがすことになりかねません。

 
そのためには、周囲の状況や利害を調整して円滑に解決できるための根回しを行える人物の人選も重要となってきます。

 
いじめ対策


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

いじめの実態把握と証拠収集

いじめの証拠

いじめ問題を円滑に解決するには証拠が不可欠です。
証拠とは誰が見てもいじめの実態が判断できる映像や画像・証言類を言います。 学校側に証拠の提示を求めても都合の良い調査結果となりかねません。

 
保護者が自ら証拠集めを行っても、加害者や関係者及び学校側に感づかれては、まともな証拠集めはできません。

 
学内はもちろん、学外でのいじめ行為に関しても正確に把握しなくてはいけませんし、子供を取り巻く環境や人間関係、加害者及びその親の人格や社会的な立場を考慮したうえで証拠収集ができる専門家へ依頼することが有利にいじめ問題を解決するための手順と言えます。

 
いじめの証拠


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

いじめ問題相談窓口

当被害対策室では、いじめ問題の解決に必要な証拠集めやアドバイスはもちろん、加害者側に対する責任追及などの全面的な協力が可能です。

 
いじめ問題でお悩みの保護者の方は、問題解決の第一歩として当被害対策室に必ずご連絡ください。


電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

いじめに気づいたら|親の対応といじめ対策

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190