家庭内などのモラハラ被害│モラハラ被害のお悩み解決!

【家庭内などのモラハラ被害│モラハラ被害のお悩み解決】
家庭内などでモラハラ被害に遭っているという相談を多くお受けしております。モラハラは精神的に被害者を追い込むいじめ・嫌がらせの総称で、放置するとうつ病などの精神疾患を発症してしまう可能性があるため、少しでも早く専門家に相談することをおすすめします。モラハラ被害でお悩みの方はこちら(利用ガイド)をご覧になってからお問い合わせください。

モラハラは昔から存在した

モラハラする人の身勝手な言い分

モラハラ被害の解決策
 

ハラスメント=嫌がらせ。呼び名が変わってもやってることはいつの時代も同じ

近年、ニュースやワイドショーなどでよく耳にする「ハラスメント」という言葉。でも、これは今に始まったことではありません。「〇〇ハラスメント」という言葉がまだ浸透していなかった時代から、職場や学校、グループ、サークル、あるいは町内など、あらゆるところに「ハラスメント」は存在していました。
 
悪口・陰口・相手を傷つける嘘や噂。暴力にまで行けばそれは罪ですが、「悪態くらい、そんなのどこにでも転がっている話じゃないか?」と思う人もいることでしょう。
そう、問題は“加減を知らない”人が増えていることなのです。
 
「ちょっとからかっただけ…」「悪気はなかった…」
そんな言い訳をするモラハラさんは、きっとたくさんいらっしゃることでしょう。でも、度が過ぎるモラハラ・パワハラは、いわば「大人のいじめ」の域すら超えて、もはや社会問題です。あなたの取った態度、放った言葉、陰で流した噂、あるいは保身のためについた嘘で相手を貶めたなどの行為は、度が過ぎれば「悪気はなかった」で許されることではないのです。もし相手が、そんなあなたの行為で精神的苦痛、肉体的苦痛を受けたのなら、もうそれは「ハラスメント」。言い逃れはできません。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

モラハラが自殺につながることも

被害者が心を閉ざしてしまったら…

身近な人からモラハラを受けている、あるいは、社内でモラハラやパワハラに遭っているという人を放置してしまうと、周囲には相談する相手がいないと思い込んでいるため、一時の感情で自殺という道を選んでしまう可能性があります。

 
自殺の兆候⁉ こんな様子には気を付けて!

  • 無断欠勤が増える
  • 口数が極端に減る
  • 周囲の音に敏感になる
  • 周囲への関心がなくなる
  • ちょっとしたことで不機嫌になる など

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

モラハラを地域の専門機関が解決してくれるとは限らない?

ハラスメントを相談ができる場所は?

セクハラ・パワハラ、モラハラなど、「ハラスメント」という言葉が認知されてからというもの、日本でもよく「コンプライアンス(法令順守)」という言葉が使われるようになりました。それ以降「コンプライアンス室」などを設置し、相談ルームを設けたり、社内のハラスメントについて調査を強化する、カウンセラーを導入するなど、さまざまな対策を取る企業も増えています。
 
この取り組みそのものは良いことに思えますが、ハラスメント被害者の視点で考えてみると「いくらコンプラ部署とはいえ社内の人間が話を聞くとなれば、相談した内容が筒抜けになってしまうのでは?」という不安要素が残っているのも事実。モラハラに至っては、身近な存在からのハラスメント行為だと、誰に相談すればいいのかよくわからないという人もいることでしょう。
 
さらに残念なことに、現在の日本にはコンプライアンス問題で相談できる公共機関は存在せず、一部の地域で設置されているホットラインが限界。解決の糸口となるような相談窓口はありません。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

モラハラ被害は今すぐ対策室にご相談を!

モラハラは家庭内でも行われます。ひたすらに罵声を浴びせたり無視したりすることにより、被害者を精神的に追い込みます。モラハラはいけないことだという意識が少しずつ根付いてはきましたが、まだまだ被害に悩んでいる人も事実。
 
嫌がらせを放っておくと、うつ病などにかかってしまったり、最悪のケースでは自殺につながってしまうことも…。どうか一人で抱え込まないで。ストーカー・嫌がらせ被害対策室では、あなたに代わって、モラハラ被害を解決します!

 

証拠の収集

モラハラは被害者を精神的に追い込む卑劣な嫌がらせです。モラハラ被害を裁判などで証明するには、しっかりした証拠を集めて「モラハラが行われている事実」を明らかにすることが重要!
対策室では、モラハラ被害の証拠収集に協力し、効果的な証拠収集の方法についてもアドバイスします。

 

被害の解決

収集した証拠をもとに、モラハラ被害をやめさせます。モラハラ被害者のなかには訴訟を検討される方もいますが、法律の知識がないと裁判を起こすだけで大変ですし、裁判に勝つかのせいも低くなってしまいます。
対策室では弁護士などと連携を取り、訴訟に関する手続きも行います。
 
そのほか「事を荒立てたくないので示談で済ませたい」など、依頼者様の希望に沿って解決できるので、面談の時に何でもお話しください!

 
モラハラの相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

モラハラ被害の相談窓口はこちら

ストーカー・嫌がらせ被害対策室では、モラハラ問題に詳しい専門家が無料相談を承っています。相談者様のプライバシーに配慮した対応に注力しているので、相談したことが配偶者などに伝わる心配もございません。
 
「悪いのは自分ではないか」「相談したことが夫にバレたらどうしよう」なんて心配はご無用です。あなたの不利益にならない形できちんと解決までサポートします。モラハラ問題に詳しい相談員が年中無休でご相談をお受けしています。

 

電話無料相談の利用方法

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
どのような嫌がらせを受けているか?など

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

家庭内などのモラハラ被害│モラハラ被害のお悩み解決!

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190