学校でのいじめをやめさせる正しい方法とは

学校でのいじめをやめさせる正しい方法
【学校でのいじめをやめさせる正しい方法とは】
2018年度のいじめ件数が過去最高を記録するなど、学校でのいじめ被害は増加傾向にあります。学校でのいじめには暴力や無視などがありますが、放置すると不登校や自殺につながることもあります。いじめは時間が経つにつれエスカレートする傾向にあるので、少しでも早く対処することが重要です。ここでは学校でのいじめの相談例と正しい解決策について解説します。

学校でのいじめの相談例から正しい解決策まで

学校でのいじめとは

学校でのいじめの種類

学校でのいじめとは、学校の内外問わず、殴る・蹴る・火のついたタバコを押し付けるといった暴力行為、集団が1人に向けて行う無視、服を脱がせる・胸や性器を触るといった性的接触、チビ・デブ・ブスなどといった悪口、万引きの強要、そしてSNSで仲間外れにしたり既読スルーしたりするネットいじめなど、多岐に渡ります。
いじめを受けた子供は心に深い傷を負ってしまいます。不登校になることは珍しくありませんし、最終的には命を絶ってしまうケースもあります。対応が遅れれば遅れるほどいじめは陰湿化する傾向にあるので、早めに解決することが重要です。

 

いじめの認知件数が過去最多を記録

文部科学省はいじめについて「発生した場所が学校内かどうかは問わず、当事者が心身の苦痛を感じているもの」と定義づけています。
文科省が発表した昨年発表した「2018年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」によると、いじめの認知件数は54万3933件で過去最多を記録したそうです。あくまで「認知」件数なので実態を正しく捉えていない可能性はありますが、いずれにせよ多くの子供がいじめに悩んでいることは間違いありません。

 
学校でのいじめ件数
 
 
引用:https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/content/000021332.pdf


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

学校でのいじめのサイン

いじめを受けている本人は「恥ずかしい・親に心配をかける」といった心理が働くため、いじめについて自分からは相談しづらいものです。そのため親御さんが子供の異変に気付いてあげることが重要です。

 

  • 親の財布からお金を盗むようになった
  • 感情の起伏が激しくなる(すぐ怒ったりすぐ泣いたりする)
  • ボーっとしていることが増えた
  • 口数が減った
  • ご飯を残すようになった
  • 就寝時間が遅くなり朝もなかなか起きない
  • 髪の毛を自分で抜いている
  • 爪を噛んでいる
  • 服が汚れた状態で帰宅する
  • 持ち物がなくなったり小さな傷がついていたりする
  • 所持品やバッグ・ランドセルに落書きがある

 
特に所持品などに傷や落書きがある場合、すでにいじめがかなりエスカレートしている可能性があるので早急な対応が必要です。
 
学校でのいじめの相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

学校でのいじめの相談例

いじめられた本人からの相談例

  • 自分をいじめた相手に謝ってもらいたい
  • 二度と同じことをしないでほしい
  • 逃げることなくいじめを解決したい
  • いじめた相手に制裁を与えてほしい
  • いじめた相手に復讐したい

 

いじめられた子供の親御さんからの相談例

  • いじめた相手に謝罪してもらいたい
  • 相手の両親にも謝罪させたい
  • 学校側がいじめの存在を認めないので証拠がほしい
  • 教育委員会に証拠を提出したい
  • 子供を傷つけた生徒と親に仕返ししたい

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

学校でのいじめをやめさせる方法

いじめを証明する証拠を取る

学校でのいじめはとても種類が多く、教師や親でも気づかないほど巧妙に行われていることがあります。また、学校や教育委員会もいじめの存在を認めることに消極的な場合があるため、現在受けているいじめの証拠を音声・写真・映像などに収め「いじめを受けている」ことを証明する必要があります。

 

いじめる相手を特定する

「いつ・どこで・誰が・どんなことをしたか」の証拠を取るに併せて、加害者の身元(名前、住所、家族構成など)を把握しておく必要があります。いじめた相手の身元を特定しておくことで、いじめをやめさせるために必要な対処を講じることができます。

 

いじめ対策の専門家に相談する

被害者が自分でいじめの証拠を取得したり、いじめる相手(加害者)を特定したりしようとした場合、加害者にばれるなどして、さらに危害を加えられる恐れもあります。被害者や親御さんがいじめの証拠を取得したり、いじめる相手(加害者)を特定したりするには限界があります。

 
犯人に心当たりがあっても、その人物がいじめを行っている証拠がない限り、追及したり処罰を求めることはできません。

 
ストーカー・嫌がらせ被害対策室ではいじめの証拠取得・加害者を特定する調査も行っておりますので、信頼と実績のある当対策室にぜひご相談ください。

 
学校でのいじめ相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

学校でのいじめに関する相談窓口はこちら

学校でのいじめを放置すると「不登校につながり、最悪の場合、自殺の原因となる」ケースがあります。しかし、学校や教育委員会は事なかれ主義で対応することが多く、解決してもらえないこともあります。学校でのいじめ被害にお悩みの方は、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

 

電話無料相談の利用方法

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
どのようないじめ被害を受けているか?

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

 

面談相談の利用方法

専門カウンセラーとの面談によるご相談が可能です。
24時間、面談予約が可能です。出張面談のご利用の際も下記をご参照ください。

利用方法 予約制
※面談を希望される方は、ご都合の良い日時やご指定の場所など詳細をお知らせ下さい。お電話でもご予約は可能です。
予約ダイヤル 24時間受付
フリーダイヤル:0120−130−190
面談時間 年中無休
月〜金曜日|09:00〜21:00
土日祝|09:00〜18:00
※ご都合がつかない場合、上記時間以外でも対応させて頂くことは可能です。
持ち物 面談でのご相談の際は、被害状況や対象者(加害者)に関する資料(写真や情報)などをお持ちください。

電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

学校でのいじめをやめさせる正しい方法とは

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190