室間添随症とは│室内ストーカーの正しい解決策

室間添随症対策
 
室間添随症とは│室内ストーカーの正しい解決策】
室間添随症とは主にニートなどが発症する病で、近隣住人の生活を詮索し、行動パターンを真似るといった嫌がらせを行ってきます。彼らは精神的に未熟で、たとえ悪意のぶつかり合いであっても他者と交流を持てることに喜びを感じるため、直接注意することが逆効果になるケースも多く見られます。ご自身で解決しようとせず、早めに対策室に相談することをおすすめします。専門家による室間添随症の患者による嫌がらせについての無料相談も行っておりますので、室間添随症トラブルに悩まされている方はフリーダイヤルからお問い合わせください。

室間添随症(室内ストーカー)の概要と嫌がらせの解決策

室間添随症(室内ストーカー)とは

室間添随症
 

「室間添随症」という病気が注目されています。室間添随症の患者には家に引きこもっているニートなどが多く、同じアパートなどに住む人の目を過剰に意識し、執拗に隣人の生活リズムに合わせて行動しようとするなどの症状が現れます。
 
その理由は患者によっても様々ですが、とある精神科医の研究によると、隣人の生活パターンと同化することにより、自分がニートであることの負い目を軽減しようとしているという説もあります。
 
室間添随症の初期症状としては家を出るタイミング・帰宅のタイミングを揃えることが挙げられますが、症状が深刻化するにつれ、食事・入浴・トイレ・起床就寝など、あらゆる生活パターンを「コピー」しようと試みます。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

室間添随症の患者の特徴

室間添随症の患者が近隣住人の行動を異常に監視する背景には、室間添随症の患者が持つアイデンティティ・クライシス(存在不安)があるとも言われます。職に就いていない(=社会に貢献していない)ことから自己肯定感が低く、常に不安に苛まれています。
 
そのため潜在的に人とのつながりを求めており、たとえ悪意のぶつかり合いであっても他者と交流を持てることに喜びを感じます。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

室間添随症の患者による嫌がらせとは

室間添随症の患者が近隣に住んでいることで、ご近所トラブルや嫌がらせ被害が発生することもあります。例えば、あなたがトイレに向かおうと歩いているとき、室間添随症の患者も同じような足音を立てますが、それが何度も続けば不愉快に感じて当然です。
 
先述のとおり、室間添随症の患者はニートなどの社会的弱者が多いため、嫌がらせについて直接注意すると精神の未熟さから逆ギレされることもあります。実際、病気については報道されていないものの、嫌がらせ行為を注意されたことに腹を立てた室間添随症の患者が相手(近隣住人)に暴行を加えた事例もあると言われています。

 

室間添随症患者による嫌がらせの相談例

  • トイレで用を足していると、上階からもトイレを流す音が聞こえる
  • 洗濯物を干すためバルコニーに出ると隣人も必ずバルコニーにいる
  • 壁をドンドンと殴る音が聞こえる
  • 不自然に大きな足音が聞こえてくる
  • 特定の行動(電子レンジを使うなど)のタイミングで床に物を落とす
  • 郵便物が届くのが遅い(郵便物を盗み見られている?)
  • マンションのエントランスで待ち伏せされているかのように鉢合わせる

 

このように室間添随症の患者の嫌がらせは相手の行為を真似るものが多いのですが、被害者が部屋で電話している時だけは嫌がらせをしてこないことが多いようです。なぜなら室間添随症の患者にとって、電話は相手の行動を知る絶好の機会であり、全神経を集中して聞き耳を立てているからです。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

室間添随症の嫌がらせの正しい解決策

室間添随症の患者にはニートなどの社会的弱者のほか、親から満足に愛情を受けられなかった人も混じっているという説があります。総じて精神的に未熟な傾向が見られ、直接注意することで逆上されてしまったという事例もあるようです。
 
また、室間添随症の患者はたとえ悪意のぶつかり合いであっても他者と交流を持てることに喜びを感じる人もいるため、注意してもらったことに満足感を得て、さらに嫌がらせ行為が激しくなっていくこともあります。
 
そのため室間添随症の患者による嫌がらせを受けたら、ご自身で解決しようとせず、少しでも早く専門家に相談することをおすすめします。
 
ストーカー・嫌がらせ対策室では「証拠の取得」「犯人の特定」によって、室間添随症の嫌がらせが「解決」するまでを全力でサポートいたします。

 

証拠の取得

室間添随症の患者による嫌がらせを解決するうえで必要なことは、現在受けている被害の証拠を集めることです。とはいえ、被害者自身で証拠を取ることは難しいため、専門家に証拠収集を依頼することが近道と言えます。当対策室では嫌がらせを解決するために必要な証拠収集を実施しています。

 

加害者の特定

室間添随症の患者による嫌がらせを解決するうえでもう1つ大切なことは、犯人を特定することです。犯人に心当たりがあっても、その人物が実行している証拠がない限り、追及したり処罰したりすることはできません。当対策室では犯人を確実に特定するための調査も行っています。

 
室間添随症の調査報告書
 

調査の終了後は文章および画像でまとめられた冊子を作成し、調査報告書として依頼者様にお渡しします。これらの報告書は公的な証拠として認定されており、加害者に対抗措置を講じるために使用することもできます。
 
そのほか依頼者様のご要望に沿った対応が可能ですので、まずはお気軽に無料相談でお話をお聞かせください。

 
室間添随症解決


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

室間添随症の嫌がらせの無料相談窓口はこちら

室間添随症はまだまだ知名度の低い病気ですが、一説によると家賃5万円以下のアパートに住む5人に1人が室間添随症を患っているとも言われています。同時に、室間添随症の患者による嫌がらせに人知れず悩んでいる被害者も数多くいることになります。
 
悩んでいるのはあなただけではないので「気にしすぎかも」などと心配せず、まずは我々にお話をお聞かせください。
 
ストーカー・嫌がらせ対策室では、室間添随症の嫌がらせに詳しい専門家が24時間体制で相談を承っています。警察や他社に相談しても改善しなかった・失敗した案件についても対応しているので、まずはお気軽にお電話ください。

 

電話無料相談の利用方法

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
どのような嫌がらせを受けているか?など

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

室間添随症とは│室内ストーカーの正しい解決策

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190