• ホーム
  • ニュース
  • 後輩のデマから始まった職場いじめ│職場での嫌がらせ体験談

後輩のデマから始まった職場いじめ│職場での嫌がらせ体験談

大人の世界でもまだまだある、職場いじめ

職場いじめに関する相談がたくさん寄せられています。“いじめ”というと子どもの世界の話とお思いかもしれませんが、最近は大人になりきれない大人も多く、社会に出ても職場いじめが横行しています。立場や権力を笠に着て横暴な態度で相手を威圧したり、人を貶めるような噂を吹聴してまわったり、仲間だと思っていた人から手のひらを反されたり、大人の世界でも恥ずかしくなるようないじめの話は後を絶ちません。ここでは職場いじめについてご相談いただいた女性の体験談をご紹介します。

職場いじめに遭った女性が被害内容を赤裸々告白

職場いじめは後輩への注意がきっかけ

職場いじめ
 

まさか自分が会社で“いじめ”に遭うとは思わなかった…

私はとあるデザイン会社に勤めるグラフィックデザイナーです。中途入社して3年、クライアントからの要望にもしっかり応え、職場ではある一定の信頼を勝ち得てきたと自負しています。几帳面な仕事ぶりが認められてチームの先輩にはかわいがっていただき、それなりに楽しい時間を過ごしてきました。

 
そんなある日、私のチームに一人の女性デザイナーが中途採用されることになりました。彼女は年下でデザイナーとしての経験も浅く、慣れるまでは監督役が必要とのことで、私が彼女の指導を任されることになりました。

 
クライアントの指示通りデザインができているかどうか、仕上がりは毎回私が確認してから提出をしていたのですが、ある日その彼女が「これの何がいけないんですか?」と激しく食ってかかってきました。それまでは普通に対応してくれていたのに、突然突っかかるような言い方をされて私は動揺しましたが、これも仕事なので冷静に「指示と違っているから直してほしい」と伝え、なんとか提出にこぎつけました。しかしそれからというもの、何かというと彼女は私に歯向かうようになり、段々と職場のムードが悪くなっていくのを感じていました。

 
しばらくして、私はチームの先輩デザイナーに突然呼び出されました。そして「君は〇〇さん(年下の女性デザイナー)をいじめているらしいね」と注意を受けました。しかし、先輩が私に言ってきたのはどれも覚えのない話ばかりで、私は「そんなことはしていません。何かの間違いでは?」と食い下がりました。でも先輩はまったく聞き入れてくれません。後でチームの同僚に聞いてみたところ、私がいない場でその女性が「私にいじめられている」「プライベートなことにまでダメ出しをされてもう耐えられない」と泣きながらチームのメンバーに訴えてきたのだと聞かされました。

 
私は彼女をいじめたことなど一切ありません。あくまで仕事上で修正が必要な点を伝えていただけですし、プライベートにも踏み込んだことはありません。職場のムードをできるだけ悪くしたくなかった私は、彼女に対しては言いたいことの半分も言わず、できるだけソフトに接するよう注意を払ってきました。もともとの性格からして、私は人に対してきつい言葉を吐けるような気の強いキャラクターではないのです。なのに彼女は「毎日ぐちぐち文句を言われて悩んでいる」「会社とは無関係の人にまで自分の悪口を振りまいている」と、チームのメンバーに涙ながらに語ったそうです。

 
それ以来、仲の良かったチームは嘘のようにバラバラになっていきました。私は年下の女性をいじめる人間というレッテルを貼られ、チームのグループLINEからも外されてしまい、プライベートでのつながりを持っていたの人たちさえ私を避けるようになりました。それに代わって私にいじめられたと訴える女性がチームの中心にいることが増え、私は疎外感を感じずにはいられませんでした。

 
私はこれまで会社やチームのために頑張ってきたつもりで、チームのムードメーカー的な存在になっていました。仕事ではそれなりの結果も残してきましたし、クライアントからはその働きを認めていただいています。でも職場環境は、彼女の嘘によってすっかり様変わりしてしまいました。確かに、彼女からの突っかかるような態度があまりにも嫌だった日、私は自分の恋人に愚痴を聞いてもらったことはありました。でもそれは自宅でのこと。彼女が超能力者でもない限り、その愚痴は聞こえるはずがありません。なのに「よその人間に自分の悪口を言っている」とはどういうことなのか…。私は「もしかしたら盗聴されているのではないか?」と不安になり、こちらの対策室さんにご相談することにしました。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

職場いじめの全容が調査で判明

相談者の自宅で、犯人が仕掛けた盗聴器を発見!

対策室さんに無料相談をしてよかったのは、とにかくじっくり丁寧に私の話を聞いてくださったこと。時々感情が乱れて泣いてしまったり、話が支離滅裂になったりしていたにもかかわらず、最後まできちんと聞いてくださったからこそ、自分の気持ちを整理できたような気がします。調査を依頼してみると、自宅に仕掛けられた盗聴器はあっさりと見つかりました。チーム全員で飲みに行った時、終電を逃してしまった彼女をうちに泊めたことがあったので、その時に仕掛けられてしまったのだと思います。

 

いじめの犯人は、以前の職場でも同じようなトラブルを起こしていた

さらに調査で分かったのは、社内の誰とも親しくしていた私の存在を疎ましく思った彼女が、その立場を乗っ取るべく根も葉もない噂を流していたということ。また、彼女が思いを寄せていた男性社員が、私のことを「仕事ができるいい人」と褒めてくれていたことも面白くなかったようです。調査の過程で、彼女は以前勤めていた会社でも同じようなトラブルを起こし、退職させられていたことも分かりました。

 

再就職先もすぐに見つかり、今ではいじめとは無縁の環境に

調査によっていじめの事実はなかったと証明されましたが、私はその会社を辞めることにしました。一度壊れた人間関係はもう元には戻らないと思ったからです。嫌がらせの当事者である後輩はもちろんですが、彼女のバカげた嘘の情報に振り回された同僚にも失望したというのが正直なところでした。
 
代わりに私のことを気に入ってくださっていたクライアントが内部デザイナーにと私を拾ってくださり、今は楽しく仕事ができています。その後、風の噂で聞いた話によると、私のデマを流した彼女は別の先輩にも全く同じことを繰り返し、結果、彼女のほうが退職に追い込まれたとのことでした。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

職場のいじめの具体例は?

職場いじめの例

  • 本人のいないところでの陰口・悪口
  • ミスに対する過度な叱責
  • 物理的に無理な仕事量の押し付け
  • 私物を隠す・壊す

 

これらの嫌がらせを放置することで、あなたの評判は下がり、仕事を辞めざるを得なくなることもありえます。たとえ退職まではいかなくても昇進や昇給の機会が奪われ、金銭的な不利益を受けることは十分に考えられます。
 
いずれにしてもいじめや嫌がらせは「そんなの大したことない」「くだらない」と思われるようなことから始まるもの。でも、塵が積もれば大きなストレスの原因になりますし、あなたが黙っているのをいいことに加害者は職場いじめをエスカレートをさせる可能性もあります。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

職場いじめを少しでも早く解決する方法は?

まずはいじめの証拠を集めよう

職場でのいじめ、嫌がらせの実態を把握するために、受けているいじめ・嫌がらせなどの事実を明らかにした証拠(音声・映像や写真)など、被害の実態を記録したものを集めましょう。また、「いつ・どこで・誰が・あなたに何をしたか」といったいじめられた内容などを記録しておくことも一つの証拠資料になります。

 

加害者の特定や加害者の過去もしっかり調査

たいていの場合加害者は分かっているはずですが、今後の対策を講じるためにも、相手の身元(所属、名前、住所)などは調べておく必要があります。内容にもよりますが、加害者の過去もきっちり調査します。

 

今後の対策を練って、相談者が望む幸せを取り戻す

いじめられた経験をいつまでも引きずっていては、あなた自身にも大きなストレスがかかります。これによって精神的な病を発症しないとも限りません。一日でも早く心穏やかな日々に戻れるように、今後の対策も一緒に相談していきましょう。

 
職場いじめの相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

職場いじめのご相談はこちらまで

職場いじめは同僚・上司など複雑な人間関係が絡まって行われるため、個人で調査することは難しい面があります。興信所などでさえ対応していない会社があると言われます。
 
ストーカー・嫌がらせ被害対策室は独自のノウハウで職場いじめを解決いたします。職場いじめにお悩みの方は、まずはこちらまでお気軽にご連絡ください。

 

電話無料相談の利用方法

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
職場いじめの加害者の情報など

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

後輩のデマから始まった職場いじめ│職場での嫌がらせ体験談

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190