職場でのスモハラに悩まされています│スモハラ被害対策

職場でのスモハラ被害対策
スモハラに関するご相談を多くお受けしています。スモハラ被害を放置すると、あなたの健康は蝕まれ、ガンなどの命に関わる病気につながる恐れがあります。さらに、受動喫煙の防止を訴える被害者への暴言など、パワハラに発展する事例があることも知られます。スモハラ被害は少しでも早く専門家に相談することをおすすめします。当対策室では無料相談を24時間承っておりますので、フリーダイヤルからお気軽にお問い合わせください。

職場でのスモハラ被害を解決した女性の体験談

スモハラ被害の調査を依頼した経緯

スモハラ被害対策
 

私はIT企業でシステム開発の仕事をしています。IT企業というと時代の最先端のようなイメージを持つかもしれませんが、少なくともうちの会社に関してはそんなこともありません。職場の共用スペースなどで同僚たちが平気でタバコを吸っているのです。
 
私がこの会社に入社したのは8年前ですが、長期間、受動喫煙の被害に遭ったことで体調が悪化し始めました。子供のころ悩まされていたぜんそくが再発し、定期的に病院に通っています。
 
そのため会社に掛け合って改善するよう求めましたが、一向に受動喫煙の対策は進みません。それどころか私が会社に受動喫煙対策を求めることを面白く思わない上司などから、暗に退職を勧めるような嫌味まで言われる始末です。
 
お金を出して毒を吸ってる人たちですから考えがおかしいのはやむないのかもしれませんが、このままでは仕事を続けることも難しくなってしまいます。それは本意ではないので、職場でのスモハラやパワハラに関して調査していただきたいと思い、無料相談を申し込むことにしました。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

スモハラ被害の調査を依頼した結果

対策室さんのアドバイスや協力によって、スモハラやパワハラが行われている証拠を集めました。それらを元にうちの会社でハラスメントが行われていることを証明していただきました。
 
その甲斐あって、条例に則って屋内では完全禁煙となり、受動喫煙の被害は軽減しました。ただ、私も健康的な実害を受けたわけですから、スモハラやパワハラについて民事訴訟を起こすべく、引き続き対策室さんからアドバイスをいただいています。
 
職場でタバコの副流煙を吸わされていた頃は「私このままじゃ殺される」と、本気で命の危機を感じていました。今回はスモハラ被害を解決していただき、本当にありがとうございました。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

スモークハラスメント(スモハラ)とは

喫煙を強要する

職場などにおいて、上司が部下に喫煙を強要する例もあると言われます。このようなケースはもちろんスモハラにあたります。喫煙は百害あって一利なしであり、たとえ部下であろうとタバコを勧めることなどあってはならないのです。

 

受動喫煙の被害を与える

改正健康増進法の全面施行により、受動喫煙の起こらない屋外の決められた喫煙所でしかタバコを吸うことは認められていません。もちろん職場でも同様であり、社員がオフィスで受動喫煙の被害を受けないよう、分煙を徹底する必要があります。小規模の居酒屋での喫煙は認められていますが、タバコが苦手な人に配慮せず吸うことはスモハラにあたる可能性があります。

 

タバコの臭いに配慮しない

たとえ目の前でタバコを吸わなくても、服に染み付いたタバコの臭いが苦手という人はたくさんいます。実際、残留タバコ成分によって、眼の痛み・頭痛・吐き気などの症状を引き起こすとも言われます。タバコをやめることが一番なのは言うまでもありませんが、せめて服をこまめに消臭するなど、最大限の配慮をする必要があります。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

スモハラの正しい解決方法

スモハラに関するご相談を多くお受けしています。2020年4月から改正健康増進法が全面施行されるなど、遅ればせながら日本でも法整備が進んできているものの、諸外国に比べると不十分であり、依然、喫煙者の意識も低いと言わざるを得ません。
 
スモハラを放置すると、あなたの健康は蝕まれ、ガンなどの命に関わる病気につながる恐れがあります。さらに、受動喫煙の防止を訴える被害者に暴言を吐くなどといった、パワハラに発展する事例があることも知られます。スモハラ被害は少しでも早く専門家に相談することをおすすめします。
 
ストーカー・嫌がらせ被害対策室では「証拠収集」「民事訴訟」などによって、スモハラ被害の「解決」まで全力でサポートいたします。

 
スモハラ被害者
 

証拠の収集

スモハラに対する意識は徐々に高まっているものの、まだまだ泣き寝入りする方が多いのが実情です。スモハラを食い止めるためには、現在受けている被害の証拠を集め「スモハラが起きている」ことをはっきりさせる必要があります。当対策室ではスモハラの証拠を音声・写真・映像などにまとめ、調査報告書として依頼者様にお渡ししています。

 

民事訴訟

民事訴訟とは、生活・仕事などに関わる争いについて裁判所に訴えを起こすことです。民事訴訟を起こすには裁判所に訴状を提出する必要がありますが、定型の用紙は用意されておらず、知識のない方にはハードルの高い作業となります。当対策室では、弁護士や司法書士と連携し、法的な見地から民事訴訟に関するアドバイスをお送りいたします。

 
スモハラの相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

スモハラの無料相談窓口はこちら

当対策室ではスモハラ問題に詳しい専門家が年中無休で無料相談を承っております。どんなお悩みにも真摯に対応いたしますので、まずはお気軽にお電話ください。

 

電話無料相談の利用方法

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
どのような被害を受けているか?

4.専門カウンセラーによる対策案内
※ご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

職場でのスモハラに悩まされています│スモハラ被害対策

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190