SNSでの嫌がらせ・ベンジポルノの体験談と正しい解決策

SNSでの嫌がらせ/リベンジポルノ被害でお悩みの方へ】
SNSでの嫌がらせには「リベンジポルノ(revenge porn)」や「誹謗中傷」「個人情報の流布」「デマの投稿」「殺害予告」など深刻な被害が様々存在します。リベンジポルノやSNS上の書き込みや画像はデジタルタトゥーとも呼ばれ、解決には専門的な対処が求められます。ここではSNS上の嫌がらせ/リベンジポルノの体験談と正しい解決策について解説します。

SNSでの嫌がらせ・リベンジポルノの体験談から正しい解決策まで

リベンジポルノ被害事例|SNS上に全裸画像を投稿される

SNS嫌がらせリベンジポルノ
 

リベンジポルノ被害に遭った実際の例

26歳の美幸さん(仮名)は、インスタグラム(Instagram)にランチの写真などをアップするのが日課でした。フォロワーは顔見知りの友達がほとんどで「いいね!」がたくさん付くことはありませんが、それでも自分の上げた画像に反応があるのはうれしく、インスタ映えする料理を探して、電車を乗り継いで隣町まで行くこともあったようです。
 
ところがある日、新しくフォローしてくれた人がいたので、そのアカウントを覗いてみると、驚きの画像が並んでいました。美幸さんが全裸姿で寝転がっている姿などがアップされていたのです。
 
背景は加工によってぼかされていたので、いつどこで誰に撮られた写真なのかもわかりませんでした。元カレのリベンジポルノなのか、それとも赤の他人の盗撮なのか、美幸さんはとても動揺し怖くなり、しばらくは仕事も手につかず、自宅から一歩も出ない生活を送るようになってしまいました。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

リベンジポルノ・SNSを利用した嫌がらせ被害とは

SNSでの嫌がらせ被害はより深刻化している

スマートフォンの普及により、Twitter、Instagram、Facebook、LINEなどSNSを利用した嫌がらせ被害の相談が急増しています。これまでもそういったお悩みは寄せられていましたが、ほとんどが「悪口」や「デマの流布」といった嫌がらせが主でした。しかし最近はその手口が少しづつ変化し、より過激さを増しています。
 
ツールやシステムの脆弱性を利用した攻撃方法も使われるようになり、そうした攻撃方法すらもSNS上で拡散され、誰でも手軽にSNSを利用した嫌がらせができるようになりました。

 

リベンジポルノにより婚約破談や退職などの被害も

「過去の投稿からの個人情報の割り出し(特定)」「リベンジポルノ」「なりすまし」といった実生活に深刻な影響を及ぼす悪質な嫌がらせを受けることで、職場などの人の目に触れてしまい退職を余儀なくされたり、就職活動もうまくいかないといった事例もあります。

 
またリベンジポルノによって、婚約者や相手家族からの信用を失ってしまい婚約が破断した事例もありました。スマホカメラの多機能化・高画質化によって鮮明な動画や画像を容易に盗撮したり、簡単に加工できるため、SNSでの嫌がらせ被害・リベンジポルノ被害が後を絶ちません。
 
拡散された被害者の情報は誰に見られるか分かりません。流出画像を見た別の誰かが新たな加害者・ストーカーになって、被害者に対して更なる嫌がらせを起こす場合もあります。
 
リベンジポルノをはじめとしたSNS上の嫌がらせ被害でお悩みの方は、一人で悩まずお早めに私たち専門家にご相談ください。

SNS上の嫌がらせ(リベンジポルノ)の相談はこちら


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

自分で出来るSNSでの嫌がらせ・リベンジポルノ対処法

自分で出来る対処法と気をつけるべきポイント

SNSで嫌がらせを受けている方の中には、
 
「このまま無視してやり過ごそう」
「どうせネットの中だけだから大丈夫」
「もうアカウントを消したから問題ない」
 
と考えていらっしゃる方も多いかと思います。確かに、ひと昔まえのインターネットでは「荒らしは放置」が鉄則でした。
 
しかし、現在はこんな考えは通用しないのです。ネットと現実の境界線があいまいになり、ネット上での嫌がらせが実生活にも影響を与えることが多くなり、初期段階で正しい対処を講じることがとても重要になってきました。
 
「自分ではどうしてよいか分からない」「警察には行きづらい」「周りに相談できない」といった心理から嫌がらせを放置していると、確実にあなたの身の回りで被害が形となって襲ってくることになります。その範囲は家族・親せきや友人、学校や職場、近隣住人にまで広がってしまうことになります。
 
ここでは自分で無理なく出来る対処法と気をつけるべきポイントをご紹介します。

 

証拠の保存

例えば、現実の世界で殺人事件が起きたら、警察は指紋を取ったり現場の写真を撮ったりします。SNS上の嫌がらせも行うことは同じです。「現場」の状況を残すためにも、被害状況は必ずスクリーンショットで保存しましょう。もちろん画面を直撮りしたり、プリントアウトしたものでも証拠になります。SNSに表示される投稿日時も収め、URLもきちんと控えておきましょう。
また、それに関して自身が受けた実害(病院での診断書や事業での損失など)も付記しておく必要があります。

 

アカウントのプライバシー設定

被害の拡大を防ぐためにも、ご自身のアカウントのプライバシー設定を見直しましょう。設定はSNSの種類によっても異なりますが、「友人まで公開」「カギをかける」といった設定にすると、外部からはアクセスできなくなります。それでも嫌がらせが続くのであれば犯人はフォロワーの中にいることになるため、特定する上で重要なヒントになります。
また、パスワード変更や電話番号の登録などもあわせて確認しておきましょう。

 

加害者情報の収集

加害者の情報をできる限り集めることも重要です。SNSの場合、加害者にもアカウントが存在するので、プロフィール情報を確認しておけば、相手の情報を割り出すヒントになりえます。
嫌がらせ行為をするために、いわゆる「捨て垢」を作る人もいますが、たとえ捨て垢であってもIDなどから身元が割れるケースはあります。出来るだけ多く相手の情報を集めておきましょう。

 

対策の専門家に相談する

上記で作成した資料を持って、できるだけ早く専門家に相談しましょう。ただし、ネット上のトラブルは未だ法整備が進んでおらず、はっきりした被害(実害)がない限り、警察が対応できないことがあります。警察では取り合ってもらえず、不安な思いをされている方におすすめしたいのが、SNS被害に詳しい専門家:ストーカー・嫌がらせ被害対策室に相談する方法です。
 
SNSは完全な匿名ではないため、Facebookのような実名登録が求められるSNSでなくても、嫌がらせ行為をした人物を特定することは可能です。
 
ネット上に拡散した情報は「デジタルタトゥー」とも呼ばれ、ひとたび流布すると完全に消すことは不可能です。だからこそ少しでも早く専門家に対処してもらうことが重要なのではないでしょうか。

 
SNS嫌がらせ・リベンジポルノ相談ダイヤル


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

SNSでの嫌がらせ・リベンジポルノ対策を依頼した結果

調査の結果、犯人は元彼と判明

調査した結果、美幸さんのヌード写真をばら撒いていたのは元交際相手だとわかりました。本人は写真を撮られている自覚はありませんでしたが、彼の部屋には隠しカメラが仕込まれており、行為に及ぶたび一部始終を収めていたとのことでした。
 
嫌がらせに利用されたアカウントは凍結され、新たにアカウントが作られた形跡もありません。美幸さんは今でも時々不安になってエゴサーチしてしまうといいますが、徐々に気持ちは平穏を取り戻してきたようです。

 

対策を依頼した感想

SNS上の嫌がらせに個人で立ち向かうことは難しいです。実際、自分で調べても犯人が誰なのかさえわかりませんでした。だんだん周りの人全員が犯人に思えて、人間不信になりかけて、全てを失ってしまったような絶望感でいっぱいでした。
あのまま被害を放置していたら、あのような画像を誰に見られて、その人たちから私がどんな目で見られるのか、考えただけでも怖くて気持ちが悪くなります。対策室の皆さまにはそうなる前に対処してくれて本当に感謝しています。」と語ってくれました。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

SNSでの嫌がらせ・リベンジポルノ被害の相談窓口

SNSでの嫌がらせ・リベンジポルノ被害|24時間|電話無料相談

SNSでの嫌がらせ・リベンジポルノ被害に関するご相談に、専門カウンセラーが24時間対応しております。
相談できる人がいない場合や緊急を要する場合は、我慢せずにいつでもお電話にてご相談ください。

 

電話無料相談の利用方法

1.フリーダイヤル 0120-130-190 に電話する
※通話料無料/相談料無料/24時間受付

2.現在の被害状況をお聞かせください

3.知っている情報をお聞かせください
※加害者の心当たりや人物についてわかる情報をお知らせください。

4.専門カウンセラーによる対策案内
※被害状況やご要望に応じた解決策をご案内します。

5.面談希望の場合、ご都合の日時をお知らせください
※できる限りご都合に合わせた日程を調整いたします。

電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

SNSでの嫌がらせ・ベンジポルノの体験談と正しい解決策

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190