ステルス盗聴器|プロ(探偵)でも発見困難な盗聴器

ステルス盗聴器
ステルス盗聴器は通常の盗聴器発見調査では見つかりづらい「発見が困難な盗聴器」と言われています。リモコン式盗聴器やスクランブル盗聴器といったステルス盗聴器の種類の説明、調査の依頼事例、料金プランや依頼方法について詳しく解説していますので、盗聴被害にお悩みの方は必ずご覧ください。

ステルス盗聴器の解説

ステルス盗聴器を発見する調査とは

ステルス盗聴器発見調査

ステルス盗聴器発見調査とは、一般的なアナログ式盗聴器とは違って通常の盗聴器発見器や受信機では発見できない「発見されないことを目的とした盗聴器」を見つけ出す調査を言います。

 
一般住宅やマンション、会社や事務所、商業施設など、どこにでも取り付けられている可能性があります。個人や家族のプライバシーや企業の機密情報や個人情報など大切な情報を守るために必要な調査と言えます。

 

調査の目的

盗聴器発見調査の目的は、個人のプライバシーや個人情報漏えいの阻止、会社や企業の機密情報の流出や盗用の阻止、この2点に尽きると言っても過言ではありません。

 
盗聴器の流通量は年間35〜40万台と言われており、価格も数百円台〜数万円台の機器が一般に多く販売されているのが実情です。

 
さらに使用方法が非常に簡易で、見つかりずらいスペックに向上していることから、今や誰もが簡単に入手できて、すぐに使える音声情報搾取装置となっています。

 

盗聴天国ニッポンの実態

盗聴器が使用される目的として、ストーカー行為、嫌がらせ、趣味、スパイ行為などが考えられますが、流通量が増えているにも関わらず、盗聴器に対する危機意識や対策が非常に遅れている実態があります。

 
そのためストーカー・嫌がらせ被害対策室では、ストーカー対策・嫌がらせ対策の一環として、皆さまのプライバシーと大切な情報を守ることを目的に、低料金で依頼できる盗聴器発見調査をお受けしております。

 
ステルス盗聴器相談窓口


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

ステルス盗聴器の種類

リモコン式盗聴器

リモコン式盗聴器とは、「遠隔操作」が可能な盗聴器のことで「リモートコントロール」の略称からリモコン式盗聴器と言われています。

 
盗聴の仕組みは、仕掛けられた盗聴器が周囲の音をひろって電波を送信して、送信された電波を受信器が受信して盗み聞く仕組みですが、リモコン式盗聴器は、仕掛けた盗聴器(発信機ともいえる)の電源を離れた場所から入−切(オン−オフ)の切り替えができるため、聞きたいときに盗聴器の電源を入れて電波を発信することができます。

 
逆に聞く必要がない時は、遠隔操作で電源を切ってしまうため、専門的な知識や経験がないと見つけることが難しい盗聴器、盗聴発見されにくい盗聴器と言われています。

 

リモコン式盗聴器(KRT-800T-min)1

リモコン式(KRT-800T-min)1

リモコン式盗聴器(KRT-800TA-min)1

リモコン式(KRT-800TA-min)1

>リモコン式盗聴器(KRT-800R-min)2

リモコン式(KRT-800R-min)2

リモコン式盗聴器(KRT-800R-min)3

リモコン式(KRT-800R-min)3

リモコン式盗聴器(KAZ-110-min)4

リモコン式(KAZ-110-min)4

 

スクランブル式盗聴器

盗聴した電波を4種類の周波数を用いて、1秒間に約20回ほど切りかえて発信する方式の盗聴器になります。

 
仕掛けられたスクランブル式盗聴器から発信された電波は、専用の受信機以外、市販の受信機では受信して聞くことはできません。

 
つまり仕掛けた犯人しか聞くことはできないため、一般的な盗聴調査では発見は困難ですが、電波自体は常に発しているため専門的な知識や機材、経験があれば機器の位置を発見することは不可能ではありません。

 

スクランブル式盗聴器

スクランブル式盗聴器

スクランブル式受信機

スクランブル式受信機


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

ステルス盗聴器発見調査の依頼事例

少しでも不安がある場合は、必ずご相談ください。

ステルス盗聴依頼事例(個人)

  • 女性専用マンションが狙われやすいと言われた
  • テレビでステルス盗聴器があることを知った
  • 盗聴器を仕掛けられる心当たりがある
  • 会社の寮なので念のため調べておきたい
  • 部屋での会話が誰かに聞かれている気がする
  • 別の調査会社、探偵が調査しても見つからなかった

 

ステルス盗撮依頼事例(法人)

  • 機密情報を扱うため盗聴はあってはならない
  • 管理する個人情報を守るために調べてほしい
  • 定期的に盗聴調査を依頼している
  • 外部の関係者や取引先が出入りするため
  • 社内で盗聴被害の噂があるため調査したい

嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ステルス盗聴器発見調査の料金プラン

盗聴器発見調査の料金相場

盗聴器発見調査の料金相場は、調査する範囲、調べたい内容、調査機材などによって異なります。また、探偵事務所によっても調査手法や機材が異なるため、相場を見極めることは難しいと言えます。

 
ストーカー・嫌がらせ被害対策室では、被害状況やご予算に合った最適な調査プランをご提案しておりますので、一人で悩まずお気軽にお問合わせください。

 

当ストーカー・嫌がらせ被害対策室の料金プラン

実際にお受けした料金プランをご紹介します。

調査項目 ストーカー・嫌がらせ被害対策室の料金の目安
ステルス盗聴器発見調査
(住居)
調査範囲:ワンルーム
調査料金:35,000円
撤去費用:0円
交通費:3,000円
合計:38,000円(税別)
ステルス盗聴器発見調査
(住居)
調査範囲:2LDK
調査料金:70,000円
撤去費用:0円
交通費:2,000円
合計:72,000円(税別)
ステルス盗聴器発見調査
(会社)
調査範囲:法人(ワンフロア―)
調査料金:125,000円
撤去費用:0円
交通費:2,000円
合計:127,000円(税別)
ステルス盗聴器発見調査
(情報管理施設)
(官公庁等)
調査範囲:複数フロア―
調査料金:175,000円
撤去費用:0円
交通費:5,000円
合計:180,000円(税別)

 

ステルス盗聴器発見調査を依頼される方へ

ストーカー・嫌がらせ被害対策室でお受けするステルス盗聴器発見調査は、皆さまお一人お一人の被害状況や目的に沿ってそれぞれに合った調査プランをご提案しております。

 
もちろん予算的にも合うプランとなります。被害の状況によっては盗聴器の発見・撤去までに短期間・低費用で行うも出来ますので、楽観視せずできるだけ早めに相談することが大切です。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

ステルス盗聴器発見調査の依頼方法

まずは専門家に相談しましょう

盗聴の被害にあっているかもしれないと少しでも感じたら、間違っていてもかまいませんので、まずは専門家へご相談ください。ストーカーや嫌がらせによる盗聴、情報スパイによる盗聴など、放置しておくと取り返しがつかない事態になることがあります。

 
聞かれた会話の内容から行き先や行動予定を知られてしまったことで、ストーカーによる残忍な犯行の被害者になってしまう事件も発生しています。盗聴器は簡単に見つかるものでもありません。

 
ストーカー行為がエスカレートしてしまうようなことにならないためにも、必ず専門家の対処に従っていただくことをお勧めします。

 
ステルス盗聴発見

 

電話による盗聴相談

電話による盗聴被害の無料相談を年中無休・24時間受け付けております。盗聴被害に関するご相談、対策や調査に関するご相談が可能ですのでいつでもお電話ください。
被害相談ダイヤル 0120-130-190

 

メールでの盗聴相談

メールフォームによる盗聴被害の無料相談を年中無休・24時間受け付けております。24時間以内に必ず回答します。
メールフォームへのリンク

 

相談室での盗聴相談

電話・メールでの相談は話しにくい、誰かに聞かれたくない、などご心配の場合はできるだけ直接面談での相談をおすすめします。24時間、面談相談予約が可能です。相談室での無料相談又はご指定の場所へ相談員を派遣することも可能です。
面談予約フォームへのリンク

 

ステルス盗聴器発見調査依頼方法

上記の相談窓口を利用して専門家に相談したのち、被害状況に応じた調査プランが見つかり、盗聴器発見調査を依頼することに決めた場合は、探偵業法に定められた書式書類(調査委任契約書・重要事項説明書・誓約書等)に必要書類に記載の上、お申し込みとなります。トラブルのない良い調査依頼をするためにも、事前に十分な打ち合わせをしてから依頼申し込みを行うと良いでしょう。


電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

ステルス盗聴器|プロ(探偵)でも発見困難な盗聴器

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190