• ホーム
  • 職場でのいじめ・嫌がらせ対策マニュアル

職場でのいじめ・嫌がらせ対策マニュアル

職場でのいじめ・嫌がらせ対策マニュアル

 
職場でのいじめ・嫌がらせ対策マニュアル】
職場での嫌がらせや冷遇から身を守る方法、証拠収集と解決方法、職場の上司や同僚からいじめ・嫌がらせを受けた時に役立つ対策マニュアルなど、自分でもできるストーカー対策に関する有益な知識と情報をお伝えします。ストーカー対策をお考えの方は必ずお読みください。

職場でのいじめ・嫌がらせ対策

証拠を残しておく

いじめ・嫌がらせの証拠

証拠を残しておく
 

職場でいじめ・嫌がらせを受けている場合、証拠を残しておけば、いざというときに強力な助けとなります。悪口や嫌味などのいじめ・嫌がらせはパワーハラスメントに該当する可能性があります。そういった言葉でのいじめ・嫌がらせを受けた場合は、ボイスレコーダーなどを用いて録音し、確認しやすいように簡単でも構わないので日記形式の記録を作成しましょう。
他よりたくさんの仕事量押し付けられるなどのいじめ・嫌がらせは、行った仕事の内容を明確に記録することも重要です。また、出勤時間が異常に早い、退社時間が異常に遅いのであれば、タイムカードなどの出退勤の記録をしっかり写真などで記録しておきましょう。証拠を残す事があなた自身の身を守る事につながります。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

異動願いを出す

いじめ・嫌がらせからの異動願い

異動願いを出す
 

異動する事が可能な会社であれば、申請するのも有効な対処法の1つです。退職も考えるでしょうが、異動の選択肢があるのであれば、退職は最終手段としてとっておきましょう。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

いじめ・嫌がらせの加害者に立ち向かう

いじめ・嫌がらせの加害者に立ち向かうには

いじめ・嫌がらせの加害者に立ち向かう
 

ボイスレコーダーは必需品です。いじめ・嫌がらせを受けた際に「なぜそのような事を言うのか」「なぜそのような対応をするのか」と聞いてみて、相手の反応を伺ってみましょう。また、一対一での話し合いの機会を持ってもいいでしょう。じっくり話し合い、なぜいじめ・嫌がらせを行うのか問いつめてみましょう。その際に、いじめ・嫌がらせの証拠を持参し、心意を聞きましょう。あなたが耐え続けたために、いじめ・嫌がらせがエスカレートしていた可能性も考えられます。張本人に立ち向かうことで早期解決につながることもあります。話し合いに応じないのであれば、上司にかけあうことも考えましょう。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

上司・同僚に相談する

上司に相談する

従業員が円滑に業務に励めるように職場環境を整えるのも、上司の職務です。しかしながら、職場内でのいじめ・嫌がらせに上司が気付いていない場合もあります。いじめ・嫌がらせを行っている人間は当然知られないように気を使うので、嫌がらせを受けている側が上司に報告し、いじめ・嫌がらせの原因究明・改善を求める必要があります。自分が当事者でない場合でも、いじめ・嫌がらせに気づいたら、場合によって上司への報告を行う必要があります。もちろん報告の仕方には気をつけなければいけませんが、嫌がらせが起きているという事を上司に気づかせることも、従業員の職務です。

 
上司・同僚に相談する
 

同僚に相談する

職場でのいじめ・嫌がらせが業務に差し障りのない程度では、上司への相談をためらってしまうかもしれません。また、いじめ・嫌がらせを行っているのが上司という事もあります。その時は職場に信頼できる同僚がいるのであれば相談するのも選択肢の一つです。今後、いじめ・嫌がらせがエスカレートしないとも限りませんし、いざというとき証言してもらうような場があるかもしれません。また上司からいじめ・嫌がらせを受けているのであれば、その行為が常識を逸脱しているか自分で判断が付きにくい場合、他者からの意見を参考にしましょう。相手の負担を考え、うかつには頼めないと考えるかもしれませんが、軽い感じで相談してみるのも手です。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

社内にある専門のセクションに相談する

社内にある専門のセクション

上司・同僚に相談できない場合、または相談しても解決策の提示や改善される事がなかった場合は、社内にある専門のセクションに相談しましょう。仮に自分の仕事上でのミスがあった場合でも、いじめ・嫌がらせに関しては毅然とした態度をとりましょう。悪質ないじめ・嫌がらせによって業務に支障がでたり、退職を考えるまで追い込まれている場合、社内にある専門のセクションに相談し、解決をはかりましょう。しかし、専門のセクションの対応では当然としていじめ・嫌がらせを受けている人間の直属の上司に事実の確認を行います、その上司がいじめ・嫌がらせをしている場合を除いて、まず最初に上司に相談し、それでも対応してもらえなかった場合に専門のセクションに相談するという手順を踏むことが大切です。いじめ・嫌がらせを受けている場合、自分に問題はなかったか、自分が悪いのではないかとネガティブに受け止めがちです。普段の言動や仕事ぶりを見直す事は大切ですが、毅然とした態度をとりましょう。

 

外部の専門家に相談する

社内嫌がらせ相談窓口


電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

職場でのいじめ・嫌がらせ対策マニュアル

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190