• ホーム
  • ストーカーにやってはいけない5つの行為

ストーカーにやってはいけない5つの行為

ストーカーにやってはいけない5つの行為

 
ストーカーにやってはいけない5つの行為】
ストーカー対策で注意すべき点として、ストーカーに対して絶対にやってはいけない5つの注意点についてご説明します。これを注意すればストーカー対策に役立つ有益な知識と情報です。ストーカー対策をお考えの方は必ずお読みください。

ストーカーにやってはいけない5つの行為

その1【ストーカーに反応する】

ストーカーに反応する

ストーカーに反応する
 

ほとんどのストーカーは自分に都合のいいように事実を捻じ曲げて捉え、思い込んでしまいます。粘着されて気持ち悪い。大声で怒鳴りつけたい。何でそんなことをするのかと理由が知りたい。ストーカーをやめるように説教をしたい。そういった気持ちはよくわかります。でも、ストーカーの相手をしてはいけません。「自分に興味があるから反応するんだ」とか、「大声なのは本音が言えないからなんだ」と考えるのがストーカーの論理です。できるだけストーカーを相手にしないことが重要です。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や被害についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

その2【ストーカーに嫌われようとする】

ストーカーに嫌われようとする

ストーカーに嫌われようとする
 

ストーカーに嫌われれば被害が収まると考える方がいますが、それは誤りです。攻撃的な意志を向けられたストーカーはその行為に怒りを覚え、自分のことを理解してくれないあなたに対してより直接的な加害行為に出る可能性があり、大変危険です。もしくはそういったあなたの行動に対して、ストーカー特有の事実の捻じ曲げ、思い込みから「自分のことを思ってやってくれているんだな」と逆効果になることすらあります。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

その3【ストーカーとの関係を突然断つ】

ストーカーとの関係を突然断つ

ストーカーへの対策の中で、最も注意が必要なのがストーカーとの関係を遮断するタイミングです。ストーカーとの関係を一刻も早く断ちたいのは当然のことだと思います。しかし、タイミングを誤ってしまうと、意味がないどころか、被害を拡大させることにもなりかねないのです。

 
ストーカーはストーカー行為を行うことで平静を保っている

 

ストーカーはストーカー行為を行うことで平静を保っている

ストーカーはストーカー行為を行うことで自身の行動をブレーキしている側面があります。被害者との関係性が維持されているという点がストーカー行為をエスカレートさせないことにつながっているのです。もし被害者がストーカーとの関係を突然断った時、ストーカーは新たな連絡手段・関係を模索することになります。
連絡が取れない状態が続けば、フラストレーションが溜まっていき、いつか爆発することになります。結果として、被害者の身の周りの人にまで被害がおよぶこともあれば、もし再度本人に繋がってしまった場合、以前よりもストーカー行為が激しくなる危険性が高いのです。
ストーカーが顔見知りの場合は、連絡先を突然変えたり、引越しなどは避けたほうが良いでしょう。より最悪の結果を招くきっかけになる可能性があります。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

料金見積もり
対策の料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで24時間お受けしております。現在の被害状況やお持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内することができます。低費用プランや予算に応じた対策プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

その4【第三者を介入させる】

第三者を介入させる

第三者を介入させる
 

ストーカーの被害を誰かに相談した時、相談相手が正義感の強い人の場合、その人はあなたをストーカーから守ってあげたいという気持ちから「ストーカーに直接話をつけに行く」と言ってくれるかもしれません。このような言葉はとても心強いですが、それに甘えることにも危険性がつきまとうのです。
安易に第三者が介入することで、ストーカーは余計にフラストレーションをためることとなります。特に恋人や異性の友人とストーカーを接触させるのはとても危険です。異性が間に入ることで事態が好転することは絶対にありません。ストーカーには思い込みが強い人間が多いので、「自分たちの仲を引き裂くつもりなんだ」と思い込むでしょう。「アイツさえいなければ、問題なく付き合えるのに」と関係を邪魔する者は徹底的に排除する。と考えるストーカーは決して少なくありません。異性の障害に関しては全く躊躇しないと考えてもいいです。第三者の介入、特に異性の介入はは被害者を増やす、あなたへの被害を大きくする危険性が大変高いのです。
もちろん相談することは悪いことではありません。信頼できる人に相談し、一緒に対策を考えていくことはとても大切です。


嫌がらせ被害対策室
無料サポート

はじめての依頼ガイド
はじめて被害対策室をご利用になる方でも安心の「はじめての依頼ガイド」をご用意しております。専属担当者があなたのお悩み事・被害状況・対策相談・料金相談に親切丁寧に対応しておりますので、はじめての方でも安心して気軽にご利用いただけます。

その5【警察への通報のタイミング】

警察への通報のタイミング

警察への通報のタイミング
 

ストーカーの被害に合われている方がまず最初に頼りにするのは警察かと思います。法改正や昨今の深刻な事件などにより改善してはいますが、警察が行えるストーカー対策は万全とは言い切れません。通報するタイミングには注意が必要となります。

 
もし、相手にストーカーとしての自覚がない場合、警察から注意されても理解することができません。それはあなたに対する怒りの感情を生み、攻撃的な行動を起こすきっかけとなります。しかし、ストーカーがすでに攻撃的になっていて身の危険を感じるのであればのであれば即刻通報しましょう。警察への通報を躊躇することは、深刻な事態を招くこととなります。自分の命を最優先に考え、いざというときは警察に通報しましょう。


電話で相談
メールで相談

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

ストーカー嫌がらせ対策
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問など、いつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの方はお電話/FAXも可能です。
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

現在の被害状況
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

ストーカーにやってはいけない5つの行為

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190